« 播州織総合素材展2019 ⑴ 「先染めに魅せられて」 | トップページ | 文化ファッション大学院大学ファッションウィーク »

2019年2月 4日 (月)

播州織総合素材展2019 ⑵ 播州織コレクション・ショー

 先般の「播州織総合素材展2019」では、ブース展示ともに「播州織コレクション2019」のファッションショーが行われました。
 デザイナーは、一般社団法人日本アパレル・ファッション産業協会に所属する3名です。播州織を使用した製品を試作し、発表しました。

ELZA WINKLER(エルザ ウィンクラー) 中井英一朗
 古典的、伝統的な視点に立ち、服としての完成度に最大級のこだわりを持っているというデザイナーの中井氏です。先染めのストライプ地をエレガントで美しいシルエットのドレスに仕上げていました。
Img_03041 Img_03021















ARCH∧BES(アークビス) 丸谷 宏

 播州織のアーカイブ作品を基に現代的に再構築した新しいスタイリングを提案しています。
Img_03111  Img_03081

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


∧TSUSHI N∧K∧SHIM∧(アツシ ナカシマ) 中島 篤

 伝統的な生地にモダンなデザインを掛け合わせたり、反対に近未来的な生地にクラシックなパターンを用いたり、オリジナリティを彷彿させるコレクションでした。
Img_03151  Img_03141













  さらに、もう一つ、繊維産学協議会の産学コラボレーション事業で播州産地が取り上げられたことから、審査を通過した学生作品も披露されました。
Img_04141  上は最優秀賞に選ばれた文化服装学院のアスク/ASKと題したコレクションです。異常気象など最近の環境の変化を警告していました。このブログ2018.12.22付け記事もご参照ください。

|

« 播州織総合素材展2019 ⑴ 「先染めに魅せられて」 | トップページ | 文化ファッション大学院大学ファッションウィーク »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 播州織総合素材展2019 ⑵ 播州織コレクション・ショー:

« 播州織総合素材展2019 ⑴ 「先染めに魅せられて」 | トップページ | 文化ファッション大学院大学ファッションウィーク »