« 第5回ウェアラブルEXPO⑷ AIはビジネスをどう変えるか | トップページ | 播州織総合素材展2019 ⑵ 播州織コレクション・ショー »

2019年2月 3日 (日)

播州織総合素材展2019 ⑴ 「先染めに魅せられて」

 兵庫県北播磨地域(西脇市、加西市、加東市、丹波市、多可町)で江戸時代から育まれてきた先染め織物が「播州織」です。その「播州織総合素材展2019」が、1月29日~30日、東京・秋葉原のアキバスクエアで開催されました。22社・団体が「先染めに魅せられて」をテーマに出展し、ブース展示とともに、ファッションショーを併催、産学コラボレーション事業の学生作品展もあり、産地の総力を結集して見せた展示会でした。

Img_04101  上は、播州織の新商品試作生地コーナーです。「進化 evolution」と題して、サステナブル(持続可能)、かつクリエイティブ(創造的)な新作が展示されていました。たて糸やよこ糸で変化をつけたり、ドビーやジャカード、ファンシーカットなどで表面感のある織組織にしたり、加工技術を駆使したり、一点一点に、表情にこだわりが感じられて印象的でした。

 出展企業のブースをいくつかご紹介します。
ozawa (オザワ)
 創業100年を節目に「オザワ繊維株式会社」から「株式会社ozawa」に社名を変更。これをきっかけに、新しい発想の商品づくりにチャレンジされています。それが播州織のストールで、テーマはフランスのワインの銘醸地「テロワール(Terroirs )」。世界最高峰と評されるワインの産地であるフランス・ブルゴーニュとシャンパーニュの巨大な地図をプリントした大判ストールが所狭しとディスプレーされていました。素材はシルク/綿のちりめんのような表面感のある生地で、何とも優美! 価格は48,000円で、国内でもまたフランスでも人気とのことでした。
Img_03751jpg
服部テキスタイル
 350cmを超える広幅の高級ホテルリネンを国内で一貫生産している、日本で数少ないホテルリネンのメーカーといいます。高級細番手高密度の綿100%ベッドリネンや、先染めヨーロッパリネンなど、想像を超える超高級品を生産されていて、ラグジュアリーなホテルに製品を供給しているとか。エジプト超長綿の「410TC」と表示された80番手糸使い、密度250×80の生地は、ほんとうにしなやかでびっくり!しました。
Img_03271
東播染工
 若手テキスタイルデザイナー6人展「ニ・ナウ」(このブログ2018.11.29付け参照)でおなじみの同社です。今回は「アース&クラフツ」をテーマに、オリジナリティの高い生地を見せていました。とくに生成りを活かしたものや染色加工にサステナブルを意識した提案が興味深かったです。
Img_03931jpg
カゲヤマ
 同社オリジナルのストック生地は、約400品番(2,000点)あり、1反から販売・出荷が可能だそう。Img_04021「展示会ベースで数量が見込みにくい」、「基本ロットに満たない」といった悩みを抱えたバイヤーに、それぞれのニーズに合った生産システムを提案しているといいます。
 右は今季人気というアフガンチェックジャカードです。綿100%。

島田製織
 綿細番手のバリエーションの豊かさで定評のある同社。 今回は日本の職人の技が詰まった伝統的な素材、Img_03461jpgよろけ織やしじら織などをベースに開発した新素材が注目されます。またファクトリーブランドの”hatsutoki”も新作を発表。
 生地は全てバイオーダーでの生産だそうで、オリジナルを一緒につくっていきましょう、と呼びかけています。

桑村繊維
 多彩な先染めを提案されています。
Img_03951  今回は、製品の写真付きサンプル・シートを使って紹介していたのが目に留まりました。バイヤーにとってわかりやすい、これも一つの良い方法ですね。

藤井福織布
 創業75年を越えるジャカード織を中心とした織物工場で、宇仁繊維と提携して生地を販売されています。
Img_03511 今シーズンはとくにカットジャカードが人気のようです。
 右のような洗練された小粋な葉柄など、ドレスにぴったりなものがたくさん展示されていました。

丸和商事
 同社グループの元となる植山織物の創業から70周年を迎えたシャツ生地メーカーです。プルミエールヴィジョン・パリに出展し、Img_03561jpg表情豊かな風合いで人気を集めています。
 今回も伝統のチェックに刺繍を施すなど、仕上げに工夫を凝らした先染めの提案が人目を惹いていました。

丸萬
 明治34年の創業といいますから播州産地ではスゴイ老舗。様々な試練を乗り越えて現在、播州織をリードする素晴らしい素材を生み出している注目のメーカーです。

Img_03371  今回もブースでは、クリエイティビティあふれる大胆なジャカード織を多数揃えて提案していました。

|

« 第5回ウェアラブルEXPO⑷ AIはビジネスをどう変えるか | トップページ | 播州織総合素材展2019 ⑵ 播州織コレクション・ショー »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/67655776

この記事へのトラックバック一覧です: 播州織総合素材展2019 ⑴ 「先染めに魅せられて」:

« 第5回ウェアラブルEXPO⑷ AIはビジネスをどう変えるか | トップページ | 播州織総合素材展2019 ⑵ 播州織コレクション・ショー »