« 2019年新年賀詞交歓会 盛会だった3団体 | トップページ | モード・イン・フランス展 ⑴ ファーや雑貨が好調 »

2019年1月23日 (水)

「子どものための建築と空間展」学びと遊びの建築デザイン

 今、パナソニック汐留ミュージアムで3月24日まで「子どものための建築と空間展」が開催されています。先日このプレス内覧会に行ってきました。
 これは建築デザイン史にみられる特徴的な子どもの学びの場と遊びの場を紹介する展覧会です。こんなところで学びたかった、こんなところで遊びたかったと思うような建物の模型や写真資料などが展示されています。

Img_00221  ギャラリートークではパナソニック汐留ミュージアムの学芸員 大村理恵子さんと、青森県立美術館の学芸主幹 板倉容子さんのお二人に、ご案内していただきました。

 展示構成は時代順に明治から現在まで5章仕立てになっています。章ごとに色分けされているのもわかりやすいです。(撮影については特別な許可をいただきました。)

 第一章は、「青」で「子どもの場の夜明け 明治時代」です。
Img_00301jpg_2  当時は子どもの教育に近代的な教育システムが採用されて、校舎建築では西洋と日本の様式をミックスしたスタイルが目立ったといいます。長野の開智学校の模型を始め、東京女子師範学校附属幼稚園(現茶の水女子大学附属幼稚園)の珍しい写真(右手前)も見ることができました。

 第二章は、「赤」で「子どもの場の世界の発見 大正時代」です。
 大正デモクラシーの思想を受けて、子どもの人権や個性を大切にするという考え方が入ってくるのです。
Img_00321
 右は羽仁もと子創立の「自由学園 明日館」の模型や、フランク・ロイド・ライト設計の木の椅子が展示されているコーナーです。

Img_00061  子ども服も登場します。上写真の左は資生堂が販売を手掛けていたという男児服です。1920年代初めは欧米でも子ども服は改革期で、動きやすいシンプルなファッションになっていったのです。上写真の右は東京家政大学所蔵の女児服です。ローウェストや別布使いのデザインが流行していたことがわかります。

 第二章と第三章の間にはインターミッションが設けられています。
 「戦争前夜に咲いた花」として正面に戦艦「三笠」の模型、また慶応幼稚舎の校舎などの写真が架かっています。

 第三章は、「紫」で「新しい時代の到来、子どもたちの夢の世界を築く1950-1970」です。
 科学的視点に基づくスタンダードが生まれて、Img_00491jpg標準設計の校舎が次々に建てられていきます。その一方、円形建築など、オリジナリティのある建物もデザインされたのですね。
 右はその一つ、丹下健三設計の「ゆかり文化幼稚園」です。

 第四章は、「黄」で「おしゃべり、いたずら、探検―多様化と個性化の時代 1971-1985」です。
 米国からオープンスクールという新しい教育メソッドが導入されて、Img_00541オープンスペースを取り入れた新しい試みの建築や遊具に目が向けられるようになります。
 右は「タコすべり台」、何とも楽しそうです。

Img_00691  上はイサム・ノグチのモエレ沼公園の遊具広場と設計図です。これはイサム・ノグチ遺作の初公開資料だそうです。

 第五章は、「緑」で「今、そしてこれからの子どもたちへ1987-」です。
Img_00701  ここでは学校はどうあるべきか、地域の人々とのつながりをも考慮した建築の姿を浮かび上がらせています。

Img_00171  最後に、「ペタボーの空」という誰でも遊べる遊具コーナーに出ます。これは小さな棒状の面ファスナーを投げてペタペタくっつけていく遊びです。私もやってみました。意外と楽しかったです。子ども時代に帰った気分になるかも---。

 なお、詳細はHPを参照(https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/19/190112/)してみてください。

|

« 2019年新年賀詞交歓会 盛会だった3団体 | トップページ | モード・イン・フランス展 ⑴ ファーや雑貨が好調 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/67617545

この記事へのトラックバック一覧です: 「子どものための建築と空間展」学びと遊びの建築デザイン:

« 2019年新年賀詞交歓会 盛会だった3団体 | トップページ | モード・イン・フランス展 ⑴ ファーや雑貨が好調 »