« モード・イン・フランス展 ⑴ ファーや雑貨が好調 | トップページ | 「ここのがっこう」10周年記念展 パワフルな作品ズラリ! »

2019年1月25日 (金)

モード・イン・フランス展 ⑵ ホール出展ブランドから

(昨日のブログの続きです)
Img_97991  大ホールでの展示ブランドの中から、注目したブランドをご紹介します。

アイス・キモー ICE KIMÖ
  これはフエゴグループの新ブランドです。南極旅行中に着想を得たそうで、ブランド名はエスキモーに因んでいるといいます。

Img_97781
 異素材やテイストの違うもの同士を組み合わせたデザインで、ダウンジャケットやパーカはフェミニンで洗練された感覚に仕上げられています。スポーツとファッションを融合させた新しい世界観を感じるブランドです。

メゾン・レネール MAISON LENER
 冬らしいトーンに際立つ鮮やかなカラーを加えたコレクションです。人気はクラシックなコートやジャケットなどアウターで、とくにアルパカが好評といいます。
Img_97831
 素材は日本製が多いそう。プルミエ―ルヴィジョン・パリで日本の生地に注目し、仕入れているとのことです。

メイド・イン・センス MADE IN SENS
 2011 年にスタートし、すべてフランス製でサステナブルをうたうブランドです。
Img_97861
 アーティストとコラボレーションし、時代を感じさせる「アーティー・シック」なトップスやワンピースを展開しています。

フレッシェ FLÉCHET
 世界に名だたる帽子メーカーで、今回初出展です。

Img_97731
Img_97741jpg  1859年、リヨンで誕生し、うさぎの毛を使ったフエルトで帽子をつくったのが始まりといいます。
 人気は皮革調に仕上げたものや、ヴィンテージ感覚のものだそう。

ロレール LAULHÈRE
 フランス南西部のバスク地方にあるベレー帽のメーカーです。1840 年創業といいますから、フランス最古のブランドともいえます。

Img_97761jpg
 モード・イン・フランス展には既に5年、出展していて、日本での売上も年々増加しているとのことです。

|

« モード・イン・フランス展 ⑴ ファーや雑貨が好調 | トップページ | 「ここのがっこう」10周年記念展 パワフルな作品ズラリ! »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モード・イン・フランス展 ⑵ ホール出展ブランドから:

« モード・イン・フランス展 ⑴ ファーや雑貨が好調 | トップページ | 「ここのがっこう」10周年記念展 パワフルな作品ズラリ! »