« 安野ともこのコスチューム展 浅田真央の衣裳も間近に | トップページ | ビワタカシマ2020春夏素材展 綿の風合いや触感中心に »

2019年1月28日 (月)

イッセイ ミヤケの新作バッグ「オビ」と「コンブ」展

 イッセイ ミヤケの新作バッグ「オビ(OBI)」と「コンブ(KONBU)」の企画展が2月18日まで、東京・六本木の21_21デザインサイトのギャラリー3で開催されています。

Img_02991  入場すると窓側に、「コンブ(KONBU)」のバッグがズラリと並んでいます。
 なめらかな質感で、立体的な形状を保ちやすい硬さ、色揃えは21色もあり、鮮やかな彩りも楽しい!

 このコンブの製造の裏側も紹介されています。
Img_02871  素材は小松精練改め小松マテーレ(このブログ2016.3.12付け参照)のポリエステルとナイロンです。その特殊な細い糸を無縫製ニット編機で巨大なバッグに編み上げ、加工により4分の1のサイズに圧縮し、その後染料で染めるという独自の方法でつくられているのです。その工程が順を追って、わかりやすく展示されていました。

Img_02791  上の写真は「オビ(OBI)」です。これは平面に畳まれたときに形状が帯のように見えるのが特徴のバッグです。熱で硬化する特殊なポリエステル糸使いのジャージーで、バッグの形に裁断裁縫し、折り畳んで熱のプレスを施したものといいます。カラーは日本的な漆の黒と朱、紫紺の3色です。

 いずれもイッセイ ミヤケのモノづくりの根本にある「一枚の布」という考え方でつくられているバッグで、さりげなく「和」の美を感じました。世界中で広く人気を集めそうです。

|

« 安野ともこのコスチューム展 浅田真央の衣裳も間近に | トップページ | ビワタカシマ2020春夏素材展 綿の風合いや触感中心に »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/67631141

この記事へのトラックバック一覧です: イッセイ ミヤケの新作バッグ「オビ」と「コンブ」展:

« 安野ともこのコスチューム展 浅田真央の衣裳も間近に | トップページ | ビワタカシマ2020春夏素材展 綿の風合いや触感中心に »