« シャネルのイメージメーカー ジャン=ポール・グード展 | トップページ | オレリー・マティゴ展 絵や写真に刺繍を施すユニークな作品 »

2018年12月24日 (月)

マックスマーラ展 巨大なテディベアコートのデジタル展示

 先月、大阪に行く機会があり、阪急うめだ本店で開催されていたマックスマーラ(MAX MARA)の「アイ ラブ マックスマーラ(I LOVE MAX MARA)」」展を見て来ました。終了間近なタイミングでした。
Img_86341
 マックスマーラといえばコートというように、コートに焦点を当てた展覧会でした。1951年の創業以来のアーカイブが資料とともに展示されていました。
Img_86141  右は、1981年に発表された“101801”のコートです。
 マックスマーラの代名詞ともいえる上質のキャメル色のコート、これはその代表的なものです。2016年に復刻版が出て、話題を集めましたね。
 デザインしたのはフランス人クチュリエのアンヌ・マリー・ベレッタです。
 キモノスリーブ、6つボタンの完璧なプロポーションで仕立てられています。
 素材はウール/カシミヤのビーバー仕上げです。
 エレガントで着心地がよいと、長く愛されてきた理由がわかります。

 広場には、何と巨大な“テディベアコート”がデジタル展示されていてびっくり! テディベアコートはマックスマーラの新しいアイコンコートなのです。
Img_86001  
 スイッチボタンを押すと、プロジェクションマッピングにより色や柄が変化していきます。コートのデザインを体感できる新形式のインスタレーション、私も楽しませていただきました。
Img_85901   Img_85961_2  

 
 
 
 
 
 
 





 マックスマーラの世界観を堪能した印象的な展覧会でした。

|

« シャネルのイメージメーカー ジャン=ポール・グード展 | トップページ | オレリー・マティゴ展 絵や写真に刺繍を施すユニークな作品 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/67516135

この記事へのトラックバック一覧です: マックスマーラ展 巨大なテディベアコートのデジタル展示:

« シャネルのイメージメーカー ジャン=ポール・グード展 | トップページ | オレリー・マティゴ展 絵や写真に刺繍を施すユニークな作品 »