« 庭園美術館 旧朝香宮邸からアール・デコを再考する | トップページ | 2019秋冬JFW-JC⑵ 近藤紡の新開発リラクシング素材 »

2018年12月15日 (土)

2019秋冬JFW-JC、PTJ ⑴ 素材への関心高まる

 2019秋冬テキスタイルを発表する「JFW-JCジャパン・クリエーション」と「PTJプレミアム・テキスタイル・ジャパン」が11月21日~22日、東京国際フォーラムで開催されました。
 出展はジャパン・クリエーションが89件/212.8小間、プレミアム・テキスタイル・ジャパン82件/118.1コマで過去最多、来場者は推定約1万8千人で、前年を上回ったといいます。とくに予想外に多かったのが海外バイヤーだったとのこと。日本素材への関心の高さがうかがえます。

 会場広場にはトレンド&インデックスコーナーやビッグスキンファッションショーの特設ステージ、人財育成産学コラボレーションのエリアが設置され、人、人、人でいっぱい。

 中でも注目を集めたのがトレンドコーナーです。「勇気と決断の願望」という力強いコンセプトの下、出展企業300社から集まった一押しテキスタイルと副資材が、下記4つのテーマで分類展示されました。

エゴイストの本質 Egoist’s EssenceImage_trend_a1_2

 エゴイスト+チャレンジ精神が生み出す個性的自由人。
 存在感を放つ自由なユースマインドカラー。
Img_90761jpg  
野暮な論理 Rustic Logics
Image_trend_c1
 温もりある丈夫な素材や再生素材のカラー。ヴィンテージ感とナチュラル感をさりげなくモダンにアップデートして展開。
Img_90721jpg  
ユートピアの迷路 Lost in Utopia
Image_trend_b1
 ソフトで落ち着いた穏やかなカラーパレット。光を感じさせるカラーでプレシャスにクールにカラーを引き立てる。
Img_90841_2  
ファッショニスタのインスタ Fashionista-Instagram

Image_trend_d1jpg
 陽気でクリエーティブなヴィヴィットカラー、ファンキーなカラーやガーリーなブライトカラーをストリートアートでチャレンジ。
Img_90791

|

« 庭園美術館 旧朝香宮邸からアール・デコを再考する | トップページ | 2019秋冬JFW-JC⑵ 近藤紡の新開発リラクシング素材 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019秋冬JFW-JC、PTJ ⑴ 素材への関心高まる:

« 庭園美術館 旧朝香宮邸からアール・デコを再考する | トップページ | 2019秋冬JFW-JC⑵ 近藤紡の新開発リラクシング素材 »