« 第56回全国ファッションデザインコンテスト            日本綿業振興会賞は「千人針」への思いをこめた作品に | トップページ | 2019春夏AFWT シーズンテーマ「欲望を、恥じるな。」 »

2018年11月 2日 (金)

ベストジーニスト2018 ファクトタムの有働幸司さん受賞

 ベストジーニストは、日本ジーンズ協議会が主催するジーンズの似合う有名人を表彰するイベントです。
 第35回目を迎えたベストジーニスト2018は、アマゾンファッションウィーク(Amazon Fashion Week TOKYO 略してAFWT)の初日、10月15日に開催され、久しぶりに行ってきました。というのも今年度から「Amazon Fashion Week TOKYO×協議会選出部門」が新設され、ファクトタム(FACTOTUM)のデザイナー、有働幸司さんが受賞したからです。

1 有働幸司さんは「15年間ブランドを担ってきて、デニムはメインアイテムです。これからも産地に出向いて、日本の職人たちの熱意を世界に伝えたい」とコメントしました。AFWTアンバッサダーのキャメロン・ダラスさんもサプライズゲストとして登場し、「水害に遭ったデニム産地を応援している」などと語り、会場を盛り上げていました。(右写真はAFWT提供)

 消費者による一般選出部門では、男性がHey!Say!JUMP・タレントの中島裕翔さん、女性が女優の菜々緒さんが選ばれ、中島さんは2度目、菜々緒さんは何と3度目の受賞で、ベストジーニストの殿堂入りとなりました。
 協議会選出部門では、歌手の荻野目洋子さん、俳優の高橋一生さん、モデルの長谷川潤さんに賞が贈られました。

Img_73191jpg  高橋一生さん(上)は、メガネにデニムのジャケット、黒いワークパンツ、ブーツの普段着スタイルで、このまますぐにスタジオに行くと話していました。「自分にとってデニムは肌の一部のようなもの。デニムは経年劣化していくが、劣化する部分に価値を見出している。そこに自分を重ねて、精神を保ち続けていきたい」の言葉が印象的でした。

Img_73371_2 上は受賞者全員が揃った、インタビュー風景です。

|

« 第56回全国ファッションデザインコンテスト            日本綿業振興会賞は「千人針」への思いをこめた作品に | トップページ | 2019春夏AFWT シーズンテーマ「欲望を、恥じるな。」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/67335032

この記事へのトラックバック一覧です: ベストジーニスト2018 ファクトタムの有働幸司さん受賞:

« 第56回全国ファッションデザインコンテスト            日本綿業振興会賞は「千人針」への思いをこめた作品に | トップページ | 2019春夏AFWT シーズンテーマ「欲望を、恥じるな。」 »