« 19春夏AFWT タエアシダ スポーティからエレガンスまで | トップページ | 19春夏AFWT ユキトリヰインターナショナル 春の花々 »

2018年11月10日 (土)

19春夏AFWT「まとふ」“手のひらの旅 ― 小さき衣”

  堀畑裕之さんと関口真希子さんの二人が手がける「まとふ(matohu)」は、2019年春夏に向けて新しいシリーズ“手のひらの旅”を打ち出しています。その第一弾が“小さき衣”と題したコレクションです。今回は映像とプレゼンテーションを組み合わせた新しいインスタレーション形式で発表されました。

 旅の舞台は青森県の津軽地方です。この土地の農家の作業着は「小衣(こぎぬ)」と呼ばれていたといいます。この小衣を大切に長く着続けるために、人々はびっしりと刺し子を施したのですね。これが江戸時代から伝わる伝統技術の「こぎん刺し」です。

 Img_75481冒頭、この「こぎん刺し」の映像が流れ、その後、3体のモデルが登場しました。

 右はブランドのアイコン的アイテムの長着です。繊細な幾何学模様の刺し子があしらわれています。
 また左下の白いジャケットの胸には、赤い糸でこぎん刺しが縫い込まれています。
 そして右下が最後に現れたモデルで、こぎん刺しのひし形模様をアレンジしたカットジャカード生地が使われていました。
Img_75511 Img_75501jpg  
Img_75701  
  さらにこの3体を囲むように、新作20体の展示も行われました。
  いよいよスタートした“手のひらの旅”、次シーズンも楽しみです。

|

« 19春夏AFWT タエアシダ スポーティからエレガンスまで | トップページ | 19春夏AFWT ユキトリヰインターナショナル 春の花々 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/67377701

この記事へのトラックバック一覧です: 19春夏AFWT「まとふ」“手のひらの旅 ― 小さき衣”:

« 19春夏AFWT タエアシダ スポーティからエレガンスまで | トップページ | 19春夏AFWT ユキトリヰインターナショナル 春の花々 »