« 19春夏AFWT リロト 甘さに辛口のスパイスを効かせて | トップページ | 「全員巨匠!フィリップス・コレクション展」 内覧会 »

2018年11月22日 (木)

19春夏AFWT アンリアレイジ「クリア」15周年の集大成

 パリに発表の場を移していたアンリアレイジ(ANREALAGE)が、ブランド立ち上げから15周年を迎え、AFWTの一環としてのプログラム、アット東京(AT TOKYO)に参加し、4年ぶりに東京でコレクションを発表しました。
 テーマは「クリア」です。ブランドを手がけるデザイナーの森永邦彦さんは、暗雲が晴れて澄み切ったクリアな心境で、これまでの仕事を見つめ直し、コレクションを制作したといいます。15周年を記念する集大成となるようなショーでした。
Img_81121   
Img_81711 アンリアレイジといえば、光と影をライトモチーフに、ハイテクノロジーをモードに採り入れた実験的クリエーションを展開しているブランドです。
 今シーズンも光を使った仕掛けによるショー構成でした。
 会場には巨大な壁が設置されていて、この壁の前にモデルが立ち、フラッシュが照射されると、色が黒から透明に変わり、影が壁に移るのです。光の当たり方で色や柄の見え方、また素材までもがハードからソフトヘ、少しずつ変化し、陰影に富む表情が引き出されていきます。
 その繊細で精巧な装飾も見事!
Img_81761Img_81861  
Img_82341
 ショーの後半になると、ブランドの原点まで遡る全ルックが登場。その独創性に改めて感銘しました。
 進化するテクノロジーをファッションに落とし込む、森永さんの類まれな技量、これからもますます期待されます。

|

« 19春夏AFWT リロト 甘さに辛口のスパイスを効かせて | トップページ | 「全員巨匠!フィリップス・コレクション展」 内覧会 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 19春夏AFWT アンリアレイジ「クリア」15周年の集大成:

« 19春夏AFWT リロト 甘さに辛口のスパイスを効かせて | トップページ | 「全員巨匠!フィリップス・コレクション展」 内覧会 »