« PVパリ⒂ デニムに勢い 日本製デニムに熱い視線 | トップページ | PVパリ⒄ ニッケ デニムを大々的に打ち出す »

2018年10月12日 (金)

PVパリ⒃ クラボウデニム「リターン・コットン」訴求

 サステナビリティ(持続可能性)への関心が強まるなか、PVパリのジーンズエリア「アッパー・ジーンズウェア」に出展した企業も、エコを前面に打ち出していました。
 その一つがクラボウデニムです。
Img_63711 
 今シーズンは同社デニムのプレミアムライン「プライムブルー」をメインテーマに、「リターン・コットン」の名称で、“責任あるクリエ―ション”を訴求していました。
Img_59941  これは紡績工程で発生した未使用繊維を利用したリサイクルデニムです。
 紡績の際、どうしても発生してしまう落ち綿を、日本では「もったいない」精神もあって昔から再資源化してきました。とはいえ品質の方は今一だったのですね。
 それをクラボウでは、遜色ないデニムとして生まれ変わらせていました。
 今や、リサイクルされた素材であることが付加価値を生む時代。クラボウのような大手メーカーが乗り出したことで、この動きますます広がりそうです。

|

« PVパリ⒂ デニムに勢い 日本製デニムに熱い視線 | トップページ | PVパリ⒄ ニッケ デニムを大々的に打ち出す »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/67270733

この記事へのトラックバック一覧です: PVパリ⒃ クラボウデニム「リターン・コットン」訴求:

« PVパリ⒂ デニムに勢い 日本製デニムに熱い視線 | トップページ | PVパリ⒄ ニッケ デニムを大々的に打ち出す »