« 「大日本市」工芸の未来を背負う気鋭のブランドが集結 | トップページ | 2019春夏ティスリー 「カミシマ チナミ」と「アユミ ミツカネ」 »

2018年9月 4日 (火)

PVパリ9月展リリース 注目の新企画「スポーツ&テック」

 プルミエール・ヴィジョン・パリ(PVパリ) 9月展が、いよいよ近づいてきました。これはこのブログで毎回お伝えしている川上産業が結集する世界トップの見本市です。今回は9月19日から21日、パリ・ノールヴィルパント見本市会場で開催されます。
 リリースによると、今期も、業界をサポートするための新たな企画が多数打ち出されています。デジタル化、環境への配慮、クリエイティブなイノベーション、インスピレーション…。
  出展社数は6つの分野を合わせて1,964社です。(内訳はPVファブリック802社、PV ヤーン63社、PV アクセサリー332社、PVレザー294社、PV デザイン242社、PVマニュファクチュアリング231社)  2017年9月展に比べ、+0.5%の微増の予定といいます。

Une2  様々な新企画がみられ今シーズン、とくに注目されるのがスポーツです。スポーツの影響力がファッション業界にかつてないほど拡大しているとして、スポーツを業界の戦略的発展の軸と位置づけ、「スポーツ&テック」のフォーラムが設置されるといいます。ここでは出展社が提案するスポーツウエア向け素材・機能性素材のクオリティーの高さにスポットライトが当てられるとのことです。ファッショナブルで高機能をうたう革新的な素材の提案に期待が集まります。

11  9月展ではPVアワードもメインイベントです。
 記念すべき10年目とあって、授賞式は例年になく華やかなものになりそうです。審査員長はベルギー人デザイナーのオリヴィエ・ティスケンス氏で、元ニナ・リッチのクリエイティブ・デイレクター、この春先までアントワープでキャリア20年の回顧展を開いていました。この方にお会いするのも楽しみです。

 さらにもう一つ、興味深いのが、イエール国際フェスティバルの展示です。
1  これはPV審査員大賞を勝ち取ったデザイナーデュオ、カリブ出身のロシュミー・ボッター氏&リシ・ヘレブロ氏のメンズコレクション展で、浜辺にうち捨てられていた廃品と思われる品々を飾ったワードローブ30点が披露されるといいます。

 この他、エコファッションを推進するスマート・スクエアや、テキスタイルのクリエーションとデザインの重要性を強調するデザインズ・ファクトリーなど、目白押しです。

 今回展もまた、楽しさと驚きに満ちた見本市になりそう。ちょっと気分が上がります。

|

« 「大日本市」工芸の未来を背負う気鋭のブランドが集結 | トップページ | 2019春夏ティスリー 「カミシマ チナミ」と「アユミ ミツカネ」 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/67136592

この記事へのトラックバック一覧です: PVパリ9月展リリース 注目の新企画「スポーツ&テック」:

« 「大日本市」工芸の未来を背負う気鋭のブランドが集結 | トップページ | 2019春夏ティスリー 「カミシマ チナミ」と「アユミ ミツカネ」 »