« 「エッフェル塔特別ライトアップ」を見てきました! | トップページ | 「ピカソとダンス展」パリオペラ座でピカソ作品を見て »

2018年9月17日 (月)

アラブ世界研究所で「マウリッツィオ・ガランテ展」

 パリに来た週末は、普段は入れない施設が無料公開されるヨーロッパ文化遺産の日でした。
Img_50671   そこで以前から行ってみたいと思っていたアラブ世界研究所を訪れました。
  セーヌ川沿いでひときわ目立つ、イスラム風の窓が神秘的な建造物です。

 このミュージアムでは今、パリ オートクチュールのクチュリエ、「マウリッツィオ・ガランテ(Maurizio Galante)展」が開かれています。館内は広くて迷路のよう。常設展示と現代アート展を抜けた階下のフロア奥で、マウリッツィオ・ガランテの今秋冬コレクションが展示されていました。

Img_50441jpg
Img_50401  その展示方法が上の写真のように、無造作でびっくり! 
  18点のドレスが天井からぶら下げられています。

 そしてそれ以上に驚かされたのが、マウリッツィオ・ガランテその人がそこにいて、私の顔を見てざっくばらんに話しかけてくれたことでした。
 彼はイタリア人ですが、今シーズンはテーマがモロッコとあって、ここを会場に選ばれたようです。
 刺繍のワークショップも行っているといいます。

Img_50361 Img_50281








 








 作品は、いずれも熟練の職人たちによる手織りや刺繍など、美手仕事の妙を見せるものばかりでした。さすがオートクチュールの手技と、感銘しました。

|

« 「エッフェル塔特別ライトアップ」を見てきました! | トップページ | 「ピカソとダンス展」パリオペラ座でピカソ作品を見て »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アラブ世界研究所で「マウリッツィオ・ガランテ展」:

« 「エッフェル塔特別ライトアップ」を見てきました! | トップページ | 「ピカソとダンス展」パリオペラ座でピカソ作品を見て »