« アラブ世界研究所で「マウリッツィオ・ガランテ展」 | トップページ | パリ公文書館「運命の糸に導かれて 永遠のための願い」展 »

2018年9月18日 (火)

「ピカソとダンス展」パリオペラ座でピカソ作品を見て

 パリに来て、オペラ座で開催されていた「ピカソとダンス展」を見ました。
Expo_picasso_et_danse_gd_2   その日は文化遺産の日でまた本展の最終日でもあり、混んでいるかと思いましたが、それほどでもなく入場できました。
 展覧会を見て、ピカソのキュビズムがダンスの動きに影響されていたことに、改めて納得しました。キュビズムは 動くはずのない絵に動きを導入した絵です。
 左は、ちらしに使われていた「裸のダンサー」(1962)です。

 見どころは、やはりピカソが関わったバレエ衣装です。

Img_5216j1pg 右は、1917年にパリで初演された「パラード 1917」の衣装です。(ただしこれは1979年のレプリカです。) ブリキと分厚いボール紙でつくられていることを確認しました。
 ピカソはこの衣装をジャン・コクトーのイメージをもとに制作したといいます。
 ピカソらしい前衛的な作品です。
 このときピカソは緞帳や舞台装置も手がけているのですね。

 最初の妻となるバレエ団のダンサー、オルガ・コクローヴァと知り合ったのもこの舞台だったといいます。 

Img_52151
Img_52051    バレエ「三角帽子」の衣装も展示されていました。(これも1992年公演のレプリカです。)

Img_51951  「ダンスを描く」ではダンスにまつわるピカソの作品が、サーカスや闘牛、エロティックなものまで展示。ピカソ自身が踊っている写真もあって興味深かったです。ピカソは相当なダンス好きだったのですね。

 ダンスを通して、様々な角度から見たものの形を一つの絵の中に収めていったピカソ。キュビズムの創始者といわれる偉大な画家の秘密が少しわかった気がしました。

|

« アラブ世界研究所で「マウリッツィオ・ガランテ展」 | トップページ | パリ公文書館「運命の糸に導かれて 永遠のための願い」展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ピカソとダンス展」パリオペラ座でピカソ作品を見て:

« アラブ世界研究所で「マウリッツィオ・ガランテ展」 | トップページ | パリ公文書館「運命の糸に導かれて 永遠のための願い」展 »