« 「ルームス エクスペリエンス37」⑴ 篠原ともえに注目! | トップページ | 「ルームス エクスペリエンス37」⑶クリエイションの祭典 »

2018年9月11日 (火)

「ルームス エクスペリエンス37」⑵ 持続可能な取り組み

  今回の「ルームス エクスペリエンス37」では、時流を反映するように持続可能(サステナブル)な取り組みを打ち出すブランドも多く見られました。とくに目新しく感じたものをご紹介します。

◇七彩 NANASAI
 マネキンやボディ、什器などを扱う七彩の新作は、100%紙を使用したペーパーボディ「ペーパー・ナチュラル・ボディ(PNB)」です。
Img_44011jpg
 紙は環境負荷を減らした再生紙を使用しているそうです。自然の色合いが混ざり合う外見は、温かくてやさしい雰囲気にあふれています。肩肘張らない自然体が大切な価値になってくることを象徴するようなボディです。

◇イー・ベーシックス e-basics 
  アッシュ・ペー・フランスがプロデュースしているブラジル発オスクレン(OSKLEN)のブランドです。
Img_43401
 シンプルなリラックスウェアは、残布を利用したコットンやオーガニックコットン、リサイクルペットを使用しているといいます。
 ファッションブランドとして持続可能な姿勢を貫いていることをアピールしていました。

◇ウールド WOOLD
 若手美術家でテキスタイルデザイナーの渋木智弘さんによる新ブランドです。
Img_44071
 日々生み出される不要物、新聞紙やレシート、コンビニのビニール袋や食品のビニールパッケージなどを、羊毛でフエルト化したテキスタイル「裾を眺め入る」から発足したブランドとか。バッグなど小物を提案していました。

|

« 「ルームス エクスペリエンス37」⑴ 篠原ともえに注目! | トップページ | 「ルームス エクスペリエンス37」⑶クリエイションの祭典 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/67160595

この記事へのトラックバック一覧です: 「ルームス エクスペリエンス37」⑵ 持続可能な取り組み:

« 「ルームス エクスペリエンス37」⑴ 篠原ともえに注目! | トップページ | 「ルームス エクスペリエンス37」⑶クリエイションの祭典 »