« 伊豆半島 「踊り子歩道」天城山隧道から河津七滝を散策 | トップページ | コルクルーム2018夏のパーティー 40回目を迎えて »

2018年8月25日 (土)

伊豆の下田でペリー来航の歴史を偲ぶ

 (昨日のブログの続きです。)
 天城路を下り、河津から下田を訪れました。ここはずっと昔、一度来たことがあるのです。

 下田城のあった下田公園で、天守跡に上り港の景色を眺めました。
Imgp02281 美しい下田湾です。
Imgp02271_2  今はもう、すっかり整備されていて、港も美しい。

Img_39731  港には「ペリー艦隊来航記念碑」が立っていました。この記念碑は、かつてここにはなかったはず、と思って調べましたら2002年にこの場所に移設されたとのことでした。

 ここでしばし、ペリー来航の歴史を偲びました。
 幕末に結ばれた日米和親条約により、下田は函館とともに日本で最初の開港場となり、ペリー提督は黒船でこの町にやってきたのですね。そのとき一行が歩いた道が、平滑川沿いのペリーロードです。

 柳並木の風情のある小径がペリーロードです。Img_39601  この辺り特有のなまこ壁の家や石造りの洋館が建ち並び、古民家も残っています。

20180815_1130441  石畳みの道も レトロな趣たっぷり。

20180815_1127521  ペリー一行は、その先にある了仙寺で、和親条約の細則を定めた全13箇条からなる下田条約に調印したのだそうです。

 了仙寺の横には黒船ミュージアムがありました。

 それにしてもこの街では、黒船とか開国といった言葉をたくさん見ました。昔来たときはそれほどでもなかったのに---。それだけ観光に力を入れているのですね。人も車も多くて大渋滞、太鼓祭りとかもあって賑やかでした。
 ペリーももし生きていたらびっくりですね。

|

« 伊豆半島 「踊り子歩道」天城山隧道から河津七滝を散策 | トップページ | コルクルーム2018夏のパーティー 40回目を迎えて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆の下田でペリー来航の歴史を偲ぶ:

« 伊豆半島 「踊り子歩道」天城山隧道から河津七滝を散策 | トップページ | コルクルーム2018夏のパーティー 40回目を迎えて »