« ミラノウニカ⑿ 持続可能性に特化し高レベルの評価獲得 | トップページ | ユニーク バイ モードシティ&アンテルフィリエール パリ⑴ »

2018年7月23日 (月)

ミラノのライフスタイル複合施設「テノハ ミラノ」を訪れて

 この7月、ミラノに来て、「テノハ ミラノ(TENOHA MILANO)」というライフスタイル複合施設を訪れました。地下鉄のポルタ・ジェノヴァ駅から運河方向に歩いて5分ほどのところにある、今話題のお店です。
Img_30321   ここは東京・代官山にある「テノハ代官山」の海外初の店舗で、この春、3月にオープンしたばかり。2,500㎡という広い敷地に、ライフスタイルショップやレストラン、ワークショップ、シェアオフィスなどがあります。

 外観からして洗練されたモダンな感覚で、グリーンにあふれていました。中は静謐で、内装もシンプルです。自然な木の香りが漂っていました。

Img_30211  
 ショップでは、まず白いTシャツが目に入ります。
Img_30221 陳列台や棚には和を思わせる様々な商品が美しくディスプレーされています。有田焼の食器やテーブルウェアから、粋な風呂敷、“かまわぬ”の手ぬぐい、“桃太郎”ジーンズも置かれていました。

Img_30252  レストランには日本式のお座敷席もありました。

Img_30301  木々に囲まれた中庭は、食事を楽しんだり、お茶したりするスペースになっています。気持ちよさそう!

Img_30291  広々としたワークショップです。ここで会員同士の交流が生まれるのですね

Img_30281  奥には、足が伸ばせるくつろぎの場所がつくられています。
 ここを出ると、その向こうはシェアオフィスになっています。もちろん関係者以外入れません。

 この辺り一帯はちょっと雑多な感じのする庶民的な地区です。でもここにはこんなにも静かで明るい落ち着いた空間が広がっているのです。ミラノっ子もここに来ればきっと癒されるでしょう。人気の理由がわかった気がしました。

 「テノハ ミラノ」、日本の魅力を発信する最先端の施設です。ミラノに行ったら気軽に訪ねてみてはいかがでしょう。

|

« ミラノウニカ⑿ 持続可能性に特化し高レベルの評価獲得 | トップページ | ユニーク バイ モードシティ&アンテルフィリエール パリ⑴ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミラノのライフスタイル複合施設「テノハ ミラノ」を訪れて:

« ミラノウニカ⑿ 持続可能性に特化し高レベルの評価獲得 | トップページ | ユニーク バイ モードシティ&アンテルフィリエール パリ⑴ »