« ミラノウニカ⑷ トレンド「ネーション・トゥ・ネーション」 | トップページ | ミラノウニカ⑹ オリジン・パッション&ビリーフス展 »

2018年7月15日 (日)

ミラノウニカ⑸サステナビリティ・プロジェクト影の主役

 「我々の未来は持続可能か Is our future sustainable?」が一大テーマだった今回のミラノウニカ(MU)。サステナビリティの価値を広く振興しようというサステナビリティ・プロジェクトは、まさに影の主役でした。

Area_trend_sostenibilita_vuota_022_
 トレンドエリアには、サステナビリティ(持続可能性)エリアが前面に設けられました。このエリアは前回2月展で初めて登場し、このときは53社250点が展示されましたが、それが今シーズンは123社750点を超える点数となり、約3倍の規模に拡大しています。

 ここでは前回同様、サステナビリティのための9つのカテゴリーによる分類が行われ、サンプルごとにそれぞれの認証を表すマークが付けられています。
Area_trend_sostenibilita_vuota_012_ ⑴オーガニック材料
⑵環境保全管理された森林に由来する材料
⑶リサイクル素材
⑷バイオベースの革新的繊維
⑸クローズドループシステムで製造された化学繊維
⑹環境負荷の少ない従来型材料
⑺クルエルティフリーの動物性繊維
⑻危険な化学物質の不使用
⑼持続可能な管理システムを採用している企業の製品

 MUが製作したカタログには、参加企業とそれぞれが取得したサステナビリティ認証に関する情報が記載されています。
 これにより展示サンプルを9つのカテゴリー別に見てみますと、もっとも多いのは、⑻の危険な化学物質の不使用で、全体の3分の2にあたる66%です。次が⑶のリサイクル素材の使用で、約3分の1の36%、3番目が⑼の持続可能な管理システムを採用している企業の製品で、29%、4番目が⑴のオーガニック材料を用いているで、16%、5番目が⑹の環境負荷の少ない従来型材料で、13%、あとは10%未満となっています。
 また取得した認証プログラムで、もっとも多かったのはエコテックス100で55%、次がデトックス・コミットメントで17%、グローバル・リサイクル・スタンダード(GRS)は14%、グローバル・オーガニック・テキスタイル・スタンダード(GOTS)は12%、ISO14000は11%などでした。

 なおこれらはすべてメーカーからの自己申告で、各サンプルの科学的な検証はとくになされていないようです。ですからバイヤーとしては、メーカー側にきちんと問い合わせする必要があると思われます。
 今回陰の主役となったサステナビリティ・プロジェクト。次回はさらに重みを増しそうです。各代表機関とともにこの取り組みに注力していくというMU。今後出展各社がどのような動きを見せるのか、注視されます。

|

« ミラノウニカ⑷ トレンド「ネーション・トゥ・ネーション」 | トップページ | ミラノウニカ⑹ オリジン・パッション&ビリーフス展 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/66949774

この記事へのトラックバック一覧です: ミラノウニカ⑸サステナビリティ・プロジェクト影の主役:

« ミラノウニカ⑷ トレンド「ネーション・トゥ・ネーション」 | トップページ | ミラノウニカ⑹ オリジン・パッション&ビリーフス展 »