« ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界展に見る歴史と技 | トップページ | ミラノウニカ⑴「我々の未来は持続可能か」テーマに開幕 »

2018年7月10日 (火)

没後50年「河井寛次郎展」 民藝運動の軌跡とともに

 「河井寛次郎展―過去が咲いている今、未来の蕾で一杯な今―」が、東京・港区のパナソニック汐留ミュージアムで、先日7日に開幕しました。このプレス内覧会に参加してきました。
Img_13501jpg
 本展は近代陶芸の巨匠、河井寛次郎の没後50年の回顧展です。内覧会では監修された河井寛次郎の孫で河井寛次郎記念館学芸員の鷺 珠江氏とパナソニック汐留ミュージアム学芸員の岩井美恵子氏によるギャラリートークがあり、お二人の解説を伺いながらご案内していただきました。

 河井寛次郎は、濱田庄司や柳宗悦と親交を結び、実用を重んじた力強い作品を生み出し、民芸運動を推進していった作家です。本展はその軌跡をたどる展覧会でもあり、河井寛次郎が制作・収集した陶芸、木彫、書、調度品など約130点が紹介されています。

 パナソニックの創業者である松下幸之助は、寛次郎作品を愛好し、文化勲章に推薦したそうですが固辞、また人間国宝にも推挙されたのですがこれも辞退したといいます。「暮らしが仕事、仕事が暮らし」、「ひとりの仕事でありながら、ひとりの仕事でない仕事」など、人生を思索する詩作や書など、その高潔な人物像が偲ばれました。

Img_13551jpg (右) 呉洲刷毛目大壺   (左) 三色打薬双頭扁壺 昭和36年頃の作品。

Img_13791 (左) 鉄釉抜蝋扁壺 昭和18年頃の作品。

Img_13691  戦後は木彫制作にも力を入れたといいます。上の写真は手のひらに球をのせた木彫像です。寛次郎は丸いもの、球体が好きだったといいます。

Img_13901  書と絵、そして人生をうたった詩作に心を打たれました。

Img_13831  真鍮素材によるキセルのデザインも楽しんだそうです。ちなみに寛次郎自身は愛煙家ではなかったとか。

 この他、寛次郎が愛用した品々も多数展示されています。

Img_14071  同館一階のパナソニックショールームには、寛次郎のろくろのある仕事部屋が再現されています。
  (写真は特別な許可を得て撮影をしております。)

 なお会期は9月16日まで。詳細はhttps://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/18/180707/index.htmlをご覧ください。

|

« ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界展に見る歴史と技 | トップページ | ミラノウニカ⑴「我々の未来は持続可能か」テーマに開幕 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/66916648

この記事へのトラックバック一覧です: 没後50年「河井寛次郎展」 民藝運動の軌跡とともに:

« ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界展に見る歴史と技 | トップページ | ミラノウニカ⑴「我々の未来は持続可能か」テーマに開幕 »