« 2019クラボウグループ繊維展 「歓びと驚きをお客様へ」 | トップページ | FB学会特別講演「繊維産業の課題と経済産業省の取組」 »

2018年6月20日 (水)

「触感をデザインする」ハプティックデザイン体験の衝撃!

 ITの進化でタッチ・ディスプレイをなぞると画像の質感を感じることができる技術の開発が話題になったことがありました。そのときは匂いも伝えられるというので、「えっ!そんなことできるの?」と夢物語のように思っていました。
Img_06461jpg  でもいよいよこれが実現しようとしています。それが「HAPTIC DESIGN(ハプティックデザイン)」です。ハプティックとは、手で触っている感覚を生み出すテクノロジーで、携帯電話が振動するのもその一つといいます。
 先般、開催された「日経ものづくり技術2018」で、“触覚”に基づく新たなデザイン領域を研究されている慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科(KMD) 准教授 南澤孝太氏による特別講演が行われました。題して「触感をデザインする~質感、実感、情感を生み出すHAPTIC DESIGN」です。
 バーチャルリアリティ(VR)が広がりを見せるなか、バーチャルな画像の質感、実感、そして情感までもがリアルに感じ取れるようになるとは、何という驚異でしょう。触覚を伝えるセンサーの働きで、そのものの重さや硬さ、温度、つるつるとかザラザラといった表面感、引っ張ったときの感覚など、様々な触感が再現できるようになるといいます。衣服の着心地や、フワフワ、サラサラ、カサカサなど生地の触感もデジタル化され、記録されて検索も可能になってくるとも。
 またしびれなどで皮膚感覚を失う病気がありますが、その治療にも使えるといいます。

 実演もあり、私も紙コップのデモに参加しました。水をコップに注ぐと、持っていた空のコップが重くなり、水が撥ねて動く感じがあってびっくり! まさに衝撃的な体験でした。

 南澤先生は、これを「補触器」と述べています。眼鏡は人間の視力を拡張します。補聴器は聴覚を拡張します。触覚も同様で、触感覚を拡張・増強させることができるというのです。
 そうなれば加齢によって鈍って来る皮膚感覚の回復や、熟練者の技術伝承にも役立ちます。私たちの日常生活もより楽しいものになってくるに違いありません。

 最後にEmbodied Media (身体性メディア)への取り組みについても語られました。これは身体を通して得る様々な経験を、記録・共有・拡張・創造するような未来のメディアテクノロジーといいます。触覚の本質的な価値は「さわり心地」だけではなく、身体を通じて得られる様々な経験にあることに気付いて、研究を始められたとか。
 ほんとうにすばらしい、画期的な研究です。久しぶりに人間の未来を思い、胸が熱くなりました。

|

« 2019クラボウグループ繊維展 「歓びと驚きをお客様へ」 | トップページ | FB学会特別講演「繊維産業の課題と経済産業省の取組」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「触感をデザインする」ハプティックデザイン体験の衝撃!:

« 2019クラボウグループ繊維展 「歓びと驚きをお客様へ」 | トップページ | FB学会特別講演「繊維産業の課題と経済産業省の取組」 »