« 横尾忠則が手がけたISSEY MIYAKEパリ・コレ招待状展 | トップページ | インテリアライフスタイル ⑵ アンビエンテ2018トレンド »

2018年6月27日 (水)

インテリアライフスタイル東京2018 ⑴ 盛況のうちに閉幕

 インテリア・デザインの総合見本市「インテリアライフスタイル東京2018」が、5月30日~6月1日、東京ビッグサイトで開催され、今回も盛況のうちに閉幕したと発表されました。来場者は25,302人で、昨年に比べ少し減少しましたが、出展社数は29カ国・地域から810社が出展し、とくに海外からの出展が195社と顕著に増加。

Img_09171
 目玉のアトリウム特別企画は、テーマが「For Here or To Go?」でした。「ここで食べるか、持ち帰るか」という意味で、海外のファストフード店などでおなじみのフレーズですね。監修のメソッド代表山田遊氏は、これには「商談をここで詰めるか、社内で会議するか」というバイヤーの意識を問い直す意味合いがあるといいます。会場はモノとコトが絶妙なバランスで共有出できる場所をイメージし、中央にはテーブルを用意して、モノをきっかけに話ができるような構成にしたとのことでした。
 出展者・来場者双方から、新しい出会いがあったとポジティブな情報が寄せられ、アトリウムホールは終日にぎわった模様です。

|

« 横尾忠則が手がけたISSEY MIYAKEパリ・コレ招待状展 | トップページ | インテリアライフスタイル ⑵ アンビエンテ2018トレンド »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/66868574

この記事へのトラックバック一覧です: インテリアライフスタイル東京2018 ⑴ 盛況のうちに閉幕:

« 横尾忠則が手がけたISSEY MIYAKEパリ・コレ招待状展 | トップページ | インテリアライフスタイル ⑵ アンビエンテ2018トレンド »