« 白馬小谷村の「塩の道」 往時の史跡が点在  | トップページ | ミツフジのスマートウェア まさに革命! »

2018年5月 9日 (水)

「チバニアン=千葉時代」地磁気逆転地層を訪ねて

 「地球は巨大な磁石」で、方位磁石のN極が北をS極が南を指すのは常識と思ってきました。でも長い地球の歴史をみると、いつでもそうだったのではないのです。実は逆転していた時代があったのですね。それが「第四紀更新世」と呼ばれる地質年代です。
 千葉県市原市田淵の養老川沿いの地層がまさにこの年代とされ、昨年、「チバニアン」(千葉時代)と命名されて一躍話題になりました。
 そこで好奇心も手伝って、この連休の一日、「チバニアン」を訪ねてきました。
 人が押し寄せているかと思いきや、意外にもひっそりとしていて、河原への道から地磁気逆転地層がある崖に簡単にたどり着くことができました。
Img_00641
Img_00731  右が、その斜面です。
 露頭上部には赤、黄、緑に色分けされた杭が打たれています。一番下の赤い杭は磁場が逆転していた時代のもの、その上の黄色は磁場がふらふらしていた過渡期のもの、一番上の緑色は現在と同じ時代といいます。
 説明板には「白尾凝灰岩層」(白色の薄い層)とあり、ここは何と77万年前に長野県の古御岳火山が噴火して海に堆積した火山灰層で、その後隆起した地層である、と書かれています。

 たまたま地質に詳しい方がいて、その方のお話によると、磁場は今、少しずつ弱まっているそうです。とはいえ次の逆転がいつか、地球の気候変動などとの関係もわかっていないとのことでした。
 確かなことは、この地層が77万年前に起こった磁場逆転の痕跡を残しているということです。あのネアンデルタール人が存在していた年代で、その頃はN極とS極が現在とは正反対の方向を向いていたのですね。
 地球の磁場は、こんな風に逆転現象が何度も起こっていたのです。ほんとうに地球は生きている!です。
Img_00651_2  
 現在、この地層は国際地質科学連合に申請中だそう。正式に認定されると「チバニアン=千葉時代」の名称が、地球史に刻まれることになります。来年あたり間違いなし、とか言われているそうで、ちょっとわくわくします。

|

« 白馬小谷村の「塩の道」 往時の史跡が点在  | トップページ | ミツフジのスマートウェア まさに革命! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/66707521

この記事へのトラックバック一覧です: 「チバニアン=千葉時代」地磁気逆転地層を訪ねて:

« 白馬小谷村の「塩の道」 往時の史跡が点在  | トップページ | ミツフジのスマートウェア まさに革命! »