« PVパリ⒂ プリントやレースは巧みな技が光るシーズン | トップページ | 生誕140年記念展 木島櫻谷 PartⅠ 近代動物画の冒険 »

2018年3月10日 (土)

PVパリ⒃ ヤコブ・シュレイファーの溢れる色と光り

 スイスのヤコブ・シュレイファー(JAKOB SCHLAEPFER)は、サンギャレンを本拠地とする最高級のエンブロイダリー/レースのメーカーです。
 PVパリで、今シーズンもまばゆい色と光りに溢れるコレクションを見せました。華麗で贅沢なのに重厚というより繊細で、伝統に頼らない最新テクノロジーを採り入れた革新的ファブリックです。まさに名人芸を極めたクリエーション、その新作の一部をご紹介します。

Img_77521  まばゆいカラースパンコール刺繍のプリントです。
 多彩な彩りは洗練された華やかさで、グッチやドリス・ヴァン・ノッテンといったトップブランドが喜びそう。

 

Img_77551  ふんわりしたキルティングに透明PVC加工。
 冷たく透けて見える光りの装飾、その美しさに感動します。
 伝統のイノベーションとは、このような生地をいうのでしょう。

 

Img_77581  オーガンジーにアルミニウムのようなメタリックな加工のもの。
 クールな光沢、パリっとした感触が近未来感覚です。

|

« PVパリ⒂ プリントやレースは巧みな技が光るシーズン | トップページ | 生誕140年記念展 木島櫻谷 PartⅠ 近代動物画の冒険 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/66465608

この記事へのトラックバック一覧です: PVパリ⒃ ヤコブ・シュレイファーの溢れる色と光り:

« PVパリ⒂ プリントやレースは巧みな技が光るシーズン | トップページ | 生誕140年記念展 木島櫻谷 PartⅠ 近代動物画の冒険 »