« パリのアライア「私はクチュリエ」展で見た至上の美 | トップページ | パリの百貨店はアートも楽しみ! »

2018年3月20日 (火)

パリ「針の祭典」 特別展「白」で達人技に魅了!

 先月2月初旬パリを訪れ、週末に開催されていたヨーロッパ最大の国際手芸見本市「レギュイユ・オン・フェット(l’Aiguille en Fete)」に行ってきました。これは日本では“針の祭典”として知られています。デモンストレーションもあり、一般の方も入場できる楽しい展示会です。
 中でも興味深いのが特別展で、毎年テーマを変えて展示されます。今年のテーマは「白」でした。爽やかな白いアート作品が並ぶなか、とくに目を引かれたのが日本人アーティストお二人のコーナーでした。ともにすばらしい達人技で来場者を魅了していました。

 一人は中山久美子ジェラルツさん。世界的に有名な「ブティ(boutis)」作家です。
Img_70891
Img_70951jpg ミッチ・渡辺雪三郎で、オートクチュール、プレタポルテの企画に携わり、渡仏されて28年になられるとか。現在もデザイン活動を続ける一方、南仏プロヴァンス地方に伝わる伝統的なキルト、「ブティ」を研究し作品を制作、発表されています。 

Img_70921  「布の彫刻」とも呼ばれるブティ。その凹凸の陰影が美しくすっかり魅せられました。
 つくり方は、2枚の薄い布を重ねてステッチをかけ、裏からコットンヤーンを2枚の布の間に詰めていきます。コットンヤーンの詰まっている部分と詰まっていない部分ができることで、立体的な模様が生み出されます。

 その繊細な技法に、只々感嘆させられました。

 もう一人は昨年このブログ(2017.2.12付け)でご紹介した横山由紀子さんです。「よろけ織」作家で染織工房「夢織りびと」を主宰されています。
Img_71381jpg
Img_71301  今回は白を採り入れた新作を展示されていました。白を用いることで柄構成の大胆さが引き立てられ、よりモダンな作品に仕上がっているようでした。

 昨年逝去された吉岡(旧姓石井)洋子さんは、横山由紀子さんのお弟子だったことがわかり、不思議なご縁に感謝しました。吉岡さんのことは、このブログ2017.6.22付けで、「書・石井明子 織・故吉岡洋子 姉妹展」の記事で紹介しています。
 彼女を偲び謹んで、合掌。

|

« パリのアライア「私はクチュリエ」展で見た至上の美 | トップページ | パリの百貨店はアートも楽しみ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パリ「針の祭典」 特別展「白」で達人技に魅了!:

« パリのアライア「私はクチュリエ」展で見た至上の美 | トップページ | パリの百貨店はアートも楽しみ! »