« 播州織総合素材展2018 「いいね!播州織」をテーマに | トップページ | 企画展「コシノヒロコ クリムトへのオマージュ」 »

2018年3月27日 (火)

ダイワボウノイ機能素材展 真価引き出す「リ・ファイバー」

 ダイワボウノイがこの14日~16日、同社東京オフィスで開催した2019年向け機能素材展に行ってきました。テーマは「Re Fiber リ・ファイバー」で、サブテーマが“ファイバー機能の真価を引き出すです。これには既存の繊維に現代的付加価値をつけた素材といった意味合いがあるようです。

その一押しが同社新開発の親水性ポリプロピレン短繊維の“DURON(デューロン)”です。
Img_84491
 デューロンは水分率が約
0.3%あり、従来不可能だった静電気やピリングを抑制できるメリットがあるとか。もちろんポリプロピレンの軽量、断熱、速乾機能もそのままに生かされているので、機能性を求められるインナーやアウターなど、幅広く活用できるそう。

次にコットンではCOTTON USAマークに対応した空気精紡糸“NEW SOUTH(ニュー・サウス)”や、メキシコ綿で独特のふくらみ感を表現した“BRANNERO(ブランネロ)”を展示。

Img_84351

また綿100%の耐水・撥水性と透湿・通気性を両立した超高密度織物“VENTILE(ベンタイル)”も、コートやアウトドアグッズとともに大きく展示。
Img_84291
Img_84301  
 何とスニーカーにもベンタイルが使われているのですね。

樹脂の中に溶媒に溶け込んだ機能材を分子レベルで分散させる技術“Magical Assist(マジカル・アシスト)”(写真下)も体験させていただき、技術の進歩に感動しました。

Img_84381

同社が大きく展開している紙糸シリーズ“KAMIの糸”では、リーズナブルな「MORI()」とハイスペックの「HINATA()」の2タイプを拝見。見ただけでは区別がつきませんでしたが----

とくに健康関連では“アレルキャッチャー”に注目です。Img_84441jpg特殊技術で人工酵素(金属フタロシアニン)を染色させた繊維で、花粉やダニの死骸といったアレル物質を吸着するといいます。
 右はアレルキャッチャーを芯に用いたカーペットです。インナーを含め様々な用途で好評の様子。

さらに天然薬草の甘草エキスを吸着した“あまくさ”や、美容クレイとして用いられているミネラル成分を付与した“ミネラル・ピュア”など。

一口に機能素材といっても、ほんとうに様々。提案の一つひとつが興味深かったことでした。

|

« 播州織総合素材展2018 「いいね!播州織」をテーマに | トップページ | 企画展「コシノヒロコ クリムトへのオマージュ」 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/66537273

この記事へのトラックバック一覧です: ダイワボウノイ機能素材展 真価引き出す「リ・ファイバー」:

« 播州織総合素材展2018 「いいね!播州織」をテーマに | トップページ | 企画展「コシノヒロコ クリムトへのオマージュ」 »