« プルミエール・ヴィジョン・パリ⑴ 活気あふれる会場風景 | トップページ | プルミエール・ヴィジョン・パリ⑶ PVパースペクティブ »

2018年2月24日 (土)

プルミエール・ヴィジョン・パリ⑵ 心地よいグリーン

 今期、プルミエール・ヴィジョン・パリ(PVパリ)の会場を彩ったのはグリーンでした。
11  グリーンといっても陽光にさらされて白っぽくなった、やわらかいニュアンスの心地よいグリーン系からアクア系です。壁面から床、什器、ネームホールダーまで、このグリーン、グリーン、グリーン----。

1
 メインヴィジュアルは、青空が広がる爽やかな大草原の上に、砂漠のオアシスの画像を重ねたもの。天空から一人の人物が水を降り注いでいる、ちょっとシュールな写真で、人間は自然環境に責任があることを認識すべきと訴えかけています。

 2019年春夏に向けてPVパリは、このイメージに象徴されるエコのエスプリを大きく打ち出していました。

 提案されたカラーは、肥沃な大地や水、植物クロロフィル、咲き乱れるバイタリティのある花々など大自然へのオマージュを強く意識させます。また同時に現代テクノロジーとの融合、ハイブリッド・ネイチャーを主張していることもポイントです。
 総じて楽天的、かつポエティックな魅惑に満ちたシーズンになりそうです。
Img_78891jpg_2
Img_74541  右は今シーズンのプレスルームのインテリアです。
 グリーンに花のピンクやオレンジの春らしい彩りがいっぱい、椅子も花の形に設えられて、温かい雰囲気にあふれていました。

|

« プルミエール・ヴィジョン・パリ⑴ 活気あふれる会場風景 | トップページ | プルミエール・ヴィジョン・パリ⑶ PVパースペクティブ »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/66433143

この記事へのトラックバック一覧です: プルミエール・ヴィジョン・パリ⑵ 心地よいグリーン:

« プルミエール・ヴィジョン・パリ⑴ 活気あふれる会場風景 | トップページ | プルミエール・ヴィジョン・パリ⑶ PVパースペクティブ »