« デイヴィッド・ホックニー回顧展 フォトコラージュに注目 | トップページ | パリで「あの服」展 神田恵介と森永邦彦の新プロジェクト »

2018年1月 9日 (火)

パリで開催された「スペイン民俗衣装展」 職人技に驚嘆

 昨年9月のパリでは、「スペインの民俗衣装展」がヴォージュ広場にあるヴィクトル・ユゴーの館で開催されていました。
 これはガリエラ宮パリ市立モード美術館による「スペイン」をテーマにした展覧会で、ヴィクトル・ユゴーが大のスペイン好きであったことから、この会場が選ばれたのだそうです。
Img_15641jpg  
 展示されたのは、マドリードにある服飾博物館(Museo del Traje)所蔵の18世紀末から20世紀初めのスペインの伝統的な衣装や装身具およそ40点で、パリでは初披露だったといいます。
Img_15721   
 スペインのカナリア諸島からアンダルシア、カタルーニャ、マヨルカ、アラゴン、Img_15681jpg_2 カスティーリャ、サラマンカなど、各地域に伝わる生活を反映した衣装が中心で、ブライダルやお祝いのドレスも数多く見られました。
 とくに刺繍やブレード、プリーツなど、バラエティに富んだ繊細な職人技がすばらしく、驚嘆しました。

Img_15771_5  あのオートクチュールの巨匠、バレンシアガも大いに影響を受けたといいます。

 今日ではもうないオリジナリティあふれる希少なドレスの数々です。現代ファッションにきっと新しい息吹を吹き込まれて迎えられる、と思ったことでした。

|

« デイヴィッド・ホックニー回顧展 フォトコラージュに注目 | トップページ | パリで「あの服」展 神田恵介と森永邦彦の新プロジェクト »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/66256384

この記事へのトラックバック一覧です: パリで開催された「スペイン民俗衣装展」 職人技に驚嘆:

« デイヴィッド・ホックニー回顧展 フォトコラージュに注目 | トップページ | パリで「あの服」展 神田恵介と森永邦彦の新プロジェクト »