« パリで開催された「スペイン民俗衣装展」 職人技に驚嘆 | トップページ | パリで「アーヴィング・ペン回顧展」 奥深さに感動 »

2018年1月10日 (水)

パリで「あの服」展 神田恵介と森永邦彦の新プロジェクト

 昨年9月半ば、パリにいた私は、パリの日本文化会館で開催されていた「ANOFUKU(あの服)」展にも行ってきました。

 これはファッションデザイナーの神田恵介と森永邦彦による新プロジェクトで、昨年9月から10月にかけて行われていたものです。
 二人は大学生時代、ファッションの活動仲間だったのですね。
Img_26361  
 両サイドには、二人のクリエーションの軌跡を物語る作品、神田恵介が手がける「ケイスケカンダ」と森永邦彦の「アンリアレイジ」のコレクションがディスプレーされていました。

155532anofuku_asics_x_keisuke_kanda そしてその先で紹介されていたのが、注目の新プロジェクトです。

 一つはアシックスとのコラボレーションによる、サラリーマンのための機能的なジャージーのスーツの提案です。

 右はこのリリースの写真です。

 そしてもう一つが、スタジオジブリとのコラボです。人気アニメ「となりのトトロ」を題材に製作した、たくさんの(200着あるとか)セーターを展示。
 セーターには「トトロ」と「猫バス」のモチーフが刺繍されていて、よく見るとモチーフが一枚ずつ、コマのように少しずつずれています。その映像も流れていました。
Img_26371
 服づくりへの新しい側面を拓く、チャレンジングな二人展でした。

|

« パリで開催された「スペイン民俗衣装展」 職人技に驚嘆 | トップページ | パリで「アーヴィング・ペン回顧展」 奥深さに感動 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/66257563

この記事へのトラックバック一覧です: パリで「あの服」展 神田恵介と森永邦彦の新プロジェクト:

« パリで開催された「スペイン民俗衣装展」 職人技に驚嘆 | トップページ | パリで「アーヴィング・ペン回顧展」 奥深さに感動 »