« コシノヒロコデザイナー歴60周年記念出版披露展覧会 | トップページ | 講演会「自由を生き抜くためのダイバーシティ」 »

2018年1月23日 (火)

車いす女子のためのバッグ「アドム」がローンチ!

 車いすを使われている方に朗報です。車いすでの使い勝手を一番に考えたバッグがローンチしたのです。それが「アドム ADOM (A Diversity Of Methods)」のバッグで、鈴木工芸所がココライフ女子部とコラボレーションし完成させました。
 鈴木工芸所は浜松にある生地のプリントと2次加工を得意とする加工場で、ココライフは障害のある女子たちに向けた雑誌(フリーペーパー)です。
 実は私はこの鈴木工芸所でアドムブランドを手がけている方と、一昨年知り合いました。以来このバッグづくりの過程をお聞きしていたのです。
 車いす用のバッグは種類が少なく、とくに洗練された上質の女子向けのものは、ほとんどといっていいくらい、ないそうです。あっても特注で高額になってしまうといいます。
 そこで使いやすさとエレガンスを兼ね備えたバッグをつくろうと開発を続け、ココライフ女子部のアドバイスもあって、ようやく昨夏サンプルが誕生しました。
 発売はまだかと思っていたのですが、昨年11月、ココライフのイベントがあり、いよいよスタートしたことを知りました。

Cimg06761jpg  右がそのバッグです。
 二つ折りで取り出し口が大きいので出し入れしやすく、その見た目からハンバーガーと名付けられています。
 ショルダーバッグ型で、専用ベルトがあり、これを使用して車いすの前後左右、好きな位置に取り付けることができます。ポケットは4つ付いていて、外ポケットにはファスナーもあり安心です。
 色は、黒とネイビーにソフトなピンクの3色展開。水を通さないフェイクレザー製です。

 これなら車いすユーザーでなくても、誰もが使いやすそうです。私たちもいつ何時、車いすを使うことになるかもしれませんし---。得がたい一品と思いました。

|

« コシノヒロコデザイナー歴60周年記念出版披露展覧会 | トップページ | 講演会「自由を生き抜くためのダイバーシティ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車いす女子のためのバッグ「アドム」がローンチ!:

« コシノヒロコデザイナー歴60周年記念出版披露展覧会 | トップページ | 講演会「自由を生き抜くためのダイバーシティ」 »