« 講演会「自由を生き抜くためのダイバーシティ」 | トップページ | エコプロ2017~環境とエネルギーの未来展  »

2018年1月25日 (木)

「介護はすみだ生まれ いま・むかし」展 フットマーク社で

 昨年11月中旬、水泳用品・介護用品メーカーのフットマーク社をSUDIの有志と訪問し、東京・墨田区政70周年記念事業の一環として開催されていた「介護はすみだ生まれ いま・むかし」展を、三瓶 芳 社長直々のご案内で、見せていただきました。
Cimg07201  
 同社マーク館では、昭和30年代頃からの写真資料などを展示、地域の移り変わりを懐かしみました。

 中でも驚かされたのは、「介護」という言葉の名付け親が、当時のフットマーク社長で現会長の磯部成文氏であるということでした。
 展示されていた新聞記事(Fuji Sankei Business 2012.3.21)によると、1970年代初め頃、近所の奥さんが訪ねて来て、「お漏らしに悩むおじいさんのために、大きなおむつカバーをつくって欲しい」と依頼され、大人用の大きいおむつカバーをつくったそうです。
Cimg07111  「大人用おむつカバー」の商品名で商品化したのが、左写真の額に飾られていたおむつカバーです。ほんとうにあまりにも大きくてびっくり!
 しかしこれはあまりパッとしなくて、紆余曲折を経て10年後、商品名「介護おむつカバー」で売り出したところ、軌道にのるようになったといいます。「介護」の「護」は看護師から、「介」には「助ける」の意味があることからこう命名したとか。1984年に商標登録。2000年に介護保険制度が施行され、この言葉は一気に全国に浸透したといいます。

Cimg07171jpg_2  
 上は、ヒット商品の「うきうきシャツエプロン」です。

Cimg07291
 またフットマーク社はリオ・オリンピック水泳で金メダリストの金藤理絵さんをサポートしていて、同社ショールームでは金藤さん着用の水着が展示されていました。(上の写真)
 これはイタリアの競泳水着ブランド「Jaked(ジャケッド)」製で、2010年に独占輸入販売契約を結んでいるそうです。

  (ショールームで三瓶社長と記念撮影)
Cimg07341
 「健康は水の中にある」をテーマに、水中運動やリハビリ、介護のための用品・用具を今後も開発していくという同社。ますます期待しています。

|

« 講演会「自由を生き抜くためのダイバーシティ」 | トップページ | エコプロ2017~環境とエネルギーの未来展  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「介護はすみだ生まれ いま・むかし」展 フットマーク社で:

« 講演会「自由を生き抜くためのダイバーシティ」 | トップページ | エコプロ2017~環境とエネルギーの未来展  »