« 丹後織物展「タンゴ ファブリック マルシェ」技術力訴求 | トップページ | 旭硝子「FEEL! GLASS」展 尽きないガラスの魅力 »

2017年12月30日 (土)

「キモノロボット展」 着物を最先端技術で表現した展覧会

 今月初旬、「キモノロボット展」という、着物を最先端技術で表現した展覧会が、東京・表参道で開催されました。

  神秘的な暗闇の中から浮かび上がってきたのは、振袖を着たロボットです。時折頭や手を動かしています。バックにはアイスランドを代表するアーティスト、ビョーク(Bjork)がこの着物をまとって登場するミュージックビデオが流れていました。

 華麗な振袖は、京友禅の老舗「千總(ちそう)」が制作した「束熨斗文様振袖(たばねのしもんようふりそで)」です。江戸時代に生み出された様々な染織技法を用いて、現代の職人が2年かけて復元した作品といいます。
 Img_50801
 その周囲にはこのロボットを囲うように12点の着物が、展示されています。Img_50831_2

  京友禅に加賀友禅、西陣織、それに大島紬、阿波しじら織、小千谷縮、江戸小紋、浪華本染浴衣、有松鳴海絞り、いずれも逸品ぞろいです。

 これらに魅せられたという現代ファッション写真の巨匠、ピーター・リンドバーグや、Img_50931 ファッション・スチールで有名な日本人写真家の土井浩一郎らも、斬新な演出のヴィジュアルで華を添えていました。

 まさに「伝統は未来へのインスピレーション」ですね。改めて着物文化を再発見した展覧会でした。

|

« 丹後織物展「タンゴ ファブリック マルシェ」技術力訴求 | トップページ | 旭硝子「FEEL! GLASS」展 尽きないガラスの魅力 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/66180087

この記事へのトラックバック一覧です: 「キモノロボット展」 着物を最先端技術で表現した展覧会:

« 丹後織物展「タンゴ ファブリック マルシェ」技術力訴求 | トップページ | 旭硝子「FEEL! GLASS」展 尽きないガラスの魅力 »