« JFWテキスタイルフェア⑶ 装飾的素材はよりファンシーに | トップページ | テキスタイルフェア⑸ 視覚効果や機能加えたシャツ素材 »

2017年12月26日 (火)

JFWテキスタイルフェア⑷ 先染めは「ひねり」をプラス

 今秋冬は先染めチェックが席巻しました。来春夏はストライプが盛り返しそうです。今回の18/19秋冬向けJFWテキスタイルフェアでは、これまでの先染めに「ひねり」を加えた新作が豊かに登場しています。

浅記
 新潟県見附市で創業148年の老舗メーカーです。長い歴史と伝統の中で培ったノウハウを生かし、 「Img_47131糸染、製織、整理加工」等全ての工程を一貫生産しています。
 新潟産地ならではのスペックムラ染を使用した先染めから、今季はとくに綿/ウールガーゼツイルの大柄チェックシリーズが好評といいます。
 右は綿90/ウール10のスクウェアパターン ダブルガーゼです。

匠の夢
 見附市を本拠地とする完全別注体制の織物メーカーです。先染めの小ロット対応、25mミニマムオーダーが可能といいます。
 とくに意匠性の強いものが得意で、今シーズンは、ポリエステル/コットン混のファンシーなカットものに、関心が集まっていました。
Img_47521 Img_47491








クロスジャパン
Img_47171  テクスチャーにこだわった自社オリジナル企画のテキスタイルを見せているコンバーターです。
 カラフルな太い糸を織り込んだ先染めチェックが人気といいます。

 

柴屋
Img_46611jpg  自社オリジナルのテキスタイルを企画生産し、500種類以上の豊富な在庫の中から、客の要望に沿った商品をスピーディーに提供しているといいます。
 今シーズンはとくにコーデュロイが人気だそう。迷彩柄のプリントなども提案していました。
Img_46561jpg  
クリスタルクロス
 糸使いや織り編み、プリント、刺繍とそれぞれに、色柄を工夫し、クラシックにひねりをプラス。当たり前のものは提案しないという通り、「これぞ新鮮!」と思えるトレンド性の高いテキスタイルを多数揃えていました。
Img_46991 Img_46971

|

« JFWテキスタイルフェア⑶ 装飾的素材はよりファンシーに | トップページ | テキスタイルフェア⑸ 視覚効果や機能加えたシャツ素材 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/66187030

この記事へのトラックバック一覧です: JFWテキスタイルフェア⑷ 先染めは「ひねり」をプラス:

« JFWテキスタイルフェア⑶ 装飾的素材はよりファンシーに | トップページ | テキスタイルフェア⑸ 視覚効果や機能加えたシャツ素材 »