« 国際アパレルEXPO 東光リミーの温感・冷感「テラックス」 | トップページ | ファッションワールド東京2017 秋の「デザイナーエリア」 »

2017年12月 3日 (日)

国際 生地・素材 EXPO 注目のコットンファブリック

 先般の「ファッションワールド東京2017 秋」で開催された第3回 国際 生地・素材 EXPOでは、今回も注目のコットンファブリックが出品されていました。

播州織工業協同組合のクラッシュ加工
 クラッシュ加工はこれまでも数々の賞を受賞している「知る人ぞ知る」のテキスタイルです。私も何度も取材し、その都度驚かされてきました。
Img_30711jpg
 これは播州織が生み出したやわらかな紋様を織り出した綿織物で、Img_30721 緯糸の配列を曲線状に移動させる技術でつくられています。最初は糸がひっかかって切れやすいと思っていたのですが、今ではそんなことはなくて、手触りは滑らかで表現も洗練されていると感じました。
 シャツを始め、バッグや傘など様々な製品にアピールしていました。

オールブルーのパイルデニム
 オールブルーは、デニム・ジーンズの町として知られる岡山県倉敷市児島地区を本拠とするメーカーで、今回はオリジナルのパイルデニムを訴求していました。
Img_30771
Img_30791jpg  インディゴのロープ染め糸をタオルのジャガード織機で織り上げたパイルデニムで、ジャカードなので多様な柄が表現されています。
 綿のふっくらした風合いが気持ち良いファブリックです。

|

« 国際アパレルEXPO 東光リミーの温感・冷感「テラックス」 | トップページ | ファッションワールド東京2017 秋の「デザイナーエリア」 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/66124248

この記事へのトラックバック一覧です: 国際 生地・素材 EXPO 注目のコットンファブリック:

« 国際アパレルEXPO 東光リミーの温感・冷感「テラックス」 | トップページ | ファッションワールド東京2017 秋の「デザイナーエリア」 »