« 「未来の購買体験」を演出するITサービスのスタイラー | トップページ | 国際 生地・素材 EXPO 注目のコットンファブリック »

2017年12月 2日 (土)

国際アパレルEXPO 東光リミーの温感・冷感「テラックス」

 「ファッションワールド東京2017 秋」の国際アパレルEXPOで、オヤッと思ったが、東光リミーの「テラックス ホット」です。 先般のプルミエールヴィジョン(PV)パリでは東光商事が冷感生地「テラックス クール」を発表していて、このブログの2017.10.7付けでご紹介したことを思ったからです。
Img_31601jpg_4  こちらの方は温感生地で、テラックスは温感・冷感の双方に対応できる生地をつくれるのですね。 
 テラヘルツという人工鉱石を使用し、この鉱石をImg_31641_2パウダー化して生地にプリントしたり、練り込んで糸にしたりすることで、温・冷、それぞれに使い分けられるといいます。
 人工鉱石の主成分は金属シリコンで、これに数種類の鉱石がブレンドされているのです。冷感用には石英や大理石など、温感用にはマグネシウムやマンガンなどとのことですが、㊙のようです。 

Img_31611_2
 テラックス クールはプリント部分を衣料品の表に用いて、人体と衣服内にこもった熱を大気中に放出する機能を付加した鉱石が媒体となって涼しく感じさせ、またテラックス ホットは、蓄熱効果のある鉱石を使ったプリント部分を裏に使用することで、+3度の快適な温かさを保つそう。
 スポーツやカジュアル、インナーウェア向けに好評で、売れ行き好調といいます。今後は寝装・寝具やタオルにも広げていきたいとか。今後の動きに注目です。

|

« 「未来の購買体験」を演出するITサービスのスタイラー | トップページ | 国際 生地・素材 EXPO 注目のコットンファブリック »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/66124062

この記事へのトラックバック一覧です: 国際アパレルEXPO 東光リミーの温感・冷感「テラックス」:

« 「未来の購買体験」を演出するITサービスのスタイラー | トップページ | 国際 生地・素材 EXPO 注目のコットンファブリック »