« 2018春夏 PRO1 TRADE SHOW 厳選ブランドの合同展 | トップページ | 2018/19秋冬イタリアヤーン 心地よいエレガントな高級感 »

2017年12月12日 (火)

プラグイン10月展 今の鼓動感じるブランドが集結

 ファッションとライフスタイルの展示会「プラグイン」(繊研新聞社主催)が、10月25日~27日、渋谷ヒカリエにて開催されました。本展も早いものでこの10月展で、10回目を迎えたといいます。
 今季出展したのは、今の鼓動感じるクオリティの高い約150のブランド、来場者は3,620名と発表されています。

 ファッションブランドの中から、とくに目についたものをご紹介します。

ブークス・ブーク Bookth:book
海辺のリゾートを意識させる、明るい健康的なワードローブが並びます。
Img_43681
Img_43661jpg   洗練された高級感あふれるコレクションで、魚と花のプリントなど、輸入生地が多く使われているといいます。
デザイナーはさとうあつこさん。


タング TANG
 ワーク・スポーツ・ミリタリーの要素をベースに、少しマニッシュでモードなカジュアルを提案しています。
 Img_43711
 超長繊維綿のペルー・ピマ100%の製品を打ち出していたのが印象的です。

シー THEE
 ファッション須賀のレディスウェアです。
 様々なシーンに対応できる服、とくにTシャツを着るようなラフな感覚のブラウスやシャツを提案しています。
Img_43781
トレピエ Trepied
 ラーガがプロデュースしているブランドです。
 気楽・自由・旅をコンセプトに、旅先の地域の文化や人々からインスピレーションを受けたという、自由で遊び心のあるアイテムを打ち出していました。
Img_43761  
荒尾の和糸/IITO/NUKKA/ETHIWEAR
 第一紡績が自社ブランドを紹介していました。同社は熊本県荒尾市に紡績から製品までの一貫工場を有しています。その糸づくりの技術を培って70年の実績から生まれた、こだわりのブランドといいます。
Img_43801jpg
Img_43821  荒尾の和糸は、イチボウが初めてつくったというインナー向け素材です。
 IITO(いいと)は、いい糸の意味で、こだわりの糸を使用した製品がIITOとか。
 NUKKA(ヌッカ)は、フィンランド語の「糸端」という意味で、熊本の方言で「あたたかい」ことをこういうそうです。心温まる豊かな時間を届けたいという気持ちを込めて命名したといいます。
 ETHIWEAR(エシウェア)は、文字通りエシカルな生産のアイテムで、セネガル産のコットンを使用したものだそう。

|

« 2018春夏 PRO1 TRADE SHOW 厳選ブランドの合同展 | トップページ | 2018/19秋冬イタリアヤーン 心地よいエレガントな高級感 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラグイン10月展 今の鼓動感じるブランドが集結:

« 2018春夏 PRO1 TRADE SHOW 厳選ブランドの合同展 | トップページ | 2018/19秋冬イタリアヤーン 心地よいエレガントな高級感 »