« 2018春夏リョウタ ムラカミ「20年代のフラッパーガール」 | トップページ | 2018春夏ティボー バレエの「リハーサル」テーマに »

2017年11月 2日 (木)

2018春夏ケイスケヨシダ 70年代ヒッピー文化をヒントに

 ファッションデザイナーの吉田圭祐が手がける「ケイスケ ヨシダ(KEISUKEYOSHIDA)」が、2018年春夏コレクションをこのほど渋谷ヒカリエで発表しました。
Img_32841jpg_2  ヒントは1970年代のヒッピー文化といいます。ランウェイにはヒッピーのように自由で解放的な生き方を表現するファッションがあふれ出ました。
  当時を思わせる裾幅を広げたベルボトムのパンタロンや厚底靴----。中でも注目は、円形の大きなカットアウトからのぞくインナーとのレイヤードです。その人らしくありのままに着こなして、とのメッセージが込められているといいます。

 大胆なカッティングで垂れ下がった布のリボン結びのデザインも印象的です。
  カラフルな色使いは、ポップアートやサイケデリックからのインスピレーションとか。

 着る楽しさいっぱいのコレクションでした。
Img_32971jpg Img_32981 Img_33011

|

« 2018春夏リョウタ ムラカミ「20年代のフラッパーガール」 | トップページ | 2018春夏ティボー バレエの「リハーサル」テーマに »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65969456

この記事へのトラックバック一覧です: 2018春夏ケイスケヨシダ 70年代ヒッピー文化をヒントに:

« 2018春夏リョウタ ムラカミ「20年代のフラッパーガール」 | トップページ | 2018春夏ティボー バレエの「リハーサル」テーマに »