« 2018春夏トクコ・プルミエヴォル 「アフリカ」の息吹 | トップページ | 2018春夏ディーベック 「水面」映すスポーティなウェア »

2017年11月18日 (土)

2018春夏フォーチュナトウキョウ 西陣織の技を現代に

 「フォーチュナトウキョウ(FORTUNA Tokyo)」が、アマゾンファッションウィーク東京に初参加し、表参道ヒルズで2018春夏コレクションを発表しました。
Img_42081_2  同ブランドは、1200年の歴史を持つ京都の西陣織のネクタイから生まれた国産ブランドです。デザインを手がけるのはデザイナーの木場 彰子さん。西陣織の技を現代に蘇らせていました。

 白いスモークが湧き起こる中、ランウェイに現れたのは、クラシックなスーツに、足元はゾウリという「和モダン」スタイルです。
 またポロシャツの襟や前立て、袖のカフス、ショートパンツのヘムなどに、西陣織のネクタイシリーズの柄をそのまま配したスポーティなデザインも数多く登場しました。
 長年の和装で培った力を今風にさりげなく溶け込ませた 、エレガントなコレクションでした。

Img_42251_2 Img_42141_2

Img_42341_2

|

« 2018春夏トクコ・プルミエヴォル 「アフリカ」の息吹 | トップページ | 2018春夏ディーベック 「水面」映すスポーティなウェア »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018春夏フォーチュナトウキョウ 西陣織の技を現代に:

« 2018春夏トクコ・プルミエヴォル 「アフリカ」の息吹 | トップページ | 2018春夏ディーベック 「水面」映すスポーティなウェア »