« PVパリ⑾ 島精機が回転ステージでドレスをディスプレー | トップページ | PVパリ⒀ アパージーンズウェアでデニムが熱い! »

2017年10月 2日 (月)

PVパリ⑿ PVヤーン&ニットウェア「謎」めくシュール

 PVパリのPVヤーン&ニットウェアのフォーラムでは、出展した約50社のヤーンや横編みニットの提案から、2018/19秋冬向けハイライトが展示されました。
Img_23661  
 全体に従来のゲージ枠に収まらない、誇張された形状のものが目立ち、「謎」めいたシュールな雰囲気を感じさせるものが多くなっています。ボリューム感のあるものが増えて、輪郭は曖昧になり、不規則な動きを感じるものがたくさん見られます。

Img_23531jpg ☆ 曖昧模糊
 カラーミックスや杢調、むら染め、フリンジなど、ファンシーで謎めいた雰囲気を醸し出す編地。



Img_2350j1pg ☆ イレギュラーな感覚を追求したもの
 様々な意匠糸を中心に、ラスティックなテキスチャーや紡毛糸使い、イレギュラーな撚りをかけた素材。シワ加工糸など。


Img_23691 ☆ 驚くほどの丸み
 軽いボリュームたっぷりのシルエットをつくる表情のある糸。やわらかいモール糸やふっくらと空気をはらんだ糸など。



Img_23621 ☆ 革新的な機能糸
 見た目だけではわからない機能を秘めた糸。保温や高強度、ストレッチ性、抗菌など、機能性をプラスした天然繊維の糸、リサイクル繊維や生分解繊維など。

|

« PVパリ⑾ 島精機が回転ステージでドレスをディスプレー | トップページ | PVパリ⒀ アパージーンズウェアでデニムが熱い! »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65861151

この記事へのトラックバック一覧です: PVパリ⑿ PVヤーン&ニットウェア「謎」めくシュール:

« PVパリ⑾ 島精機が回転ステージでドレスをディスプレー | トップページ | PVパリ⒀ アパージーンズウェアでデニムが熱い! »