« PVパリ⒅ 日本のハイファンシーやシルキーに存在感 | トップページ | PVパリ⒇ 日本の高機能素材とアウター&オーバー »

2017年10月 9日 (月)

PVパリ⒆ 日本独自のプリントやレースにも注目

 PVファブリックのプリントやレース分野では、日本企業はどちらかというとイタリアやフランスなどEU諸国に押され気味です。でもこうしたなか、数は少ないですが、独自技術で注目される企業が出展していました。

○リリーレース・インターナショナル LILY LACE INTERNATIONAL
 昨年社名を西村レースから現在名に変更し、世界進出に積極的です。PVファブリックでは2月展に初出展し、今回で2回目。フォーラムにもサンプルが20点近くピックアップされ、PVアワードにもノミネートされるなど、手応えのよさを感じている様子です。

Img_21351  ブースでは様々なファンシー加工のジャカードレースが提案されていました。
 右は人気だったという和紙風のコーティング加工を施したものです。

Img_21311jpg  これも好評だったベルベット風のチュールレースです。

 フロッキー加工でむらのある感じに仕上げてあります。

○北高 HOKKOH
 今シーズンもプリント生地が多数、ピックアップされてフォーラムを飾っていました。
Img_22251_2
 右はその一つで、細い綿コーデュロイにプリントしたもの。

 メンズにもレディスにも人気のネクタイ調の小柄です。


 Img_21801一番の売れ筋という、カモフラージュ柄のシリーズの一つです。
 ミリタリー調ファッションは、まだまだ続きそうです。

|

« PVパリ⒅ 日本のハイファンシーやシルキーに存在感 | トップページ | PVパリ⒇ 日本の高機能素材とアウター&オーバー »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65894135

この記事へのトラックバック一覧です: PVパリ⒆ 日本独自のプリントやレースにも注目:

« PVパリ⒅ 日本のハイファンシーやシルキーに存在感 | トップページ | PVパリ⒇ 日本の高機能素材とアウター&オーバー »