« PVパリ⒃ 日本のニット(カットソー)世界一の品質 | トップページ | PVパリ⒅ 日本のハイファンシーやシルキーに存在感 »

2017年10月 7日 (土)

PVパリ⒄ 東光商事が冷感生地「テラックスクール」発表

 パリも夏というと、最近は35度に達する猛暑の日があるといいます。PVファブリックに出展した東光商事TOKO SHOJI は、ブースのウインドーに冷感生地「テラックスクールTERAX COOL」をディスプレーし、道行く人の目を惹きつけていました。
  Img_24031
 テラックスクールは、Img_23881テラヘルツと呼ばれる人工鉱石(右) をすりつぶして粉状にし、 それを染料に混ぜてプリント加工したもので、表面にプリントすると、体の熱が外に逃げて、涼しく感じるそうです。この生地を使った冷感シャツは、既に2年前からヨーロッパでも売れているといいます。プリントですので、素材は問わないとのことですが、ブースではポリエステルに練り込んだ生地を中心に、冷感機能を訴求していました。

 下記は同社の人気ジャージーです。(ただし上記ご紹介のテラックスクールではないのですが) 独特の光る効果や起伏のある表面感の面白さで受けているといいます。
Img_23911jpg_2 Img_23931_2    コットン45/ポリエステル55    ポリエステル89/ルーレックス11   

|

« PVパリ⒃ 日本のニット(カットソー)世界一の品質 | トップページ | PVパリ⒅ 日本のハイファンシーやシルキーに存在感 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65891789

この記事へのトラックバック一覧です: PVパリ⒄ 東光商事が冷感生地「テラックスクール」発表:

« PVパリ⒃ 日本のニット(カットソー)世界一の品質 | トップページ | PVパリ⒅ 日本のハイファンシーやシルキーに存在感 »