« 2018/19年春夏コットン素材傾向―PV 及びMUより | トップページ | JFW-IFF MAGICセミナー サステイナブルへの変革目指す »

2017年10月20日 (金)

女性の健康セミナー いつまでも光り輝くために麦ごはん!

 健康情報には私も相当敏感な方と思っています。先月末、東京・青山で行われた日本ファッション協会うらら会主催の「いつまでも光り輝くために」と題した女性の健康セミナーでも、興味深いお話しがたくさん出て勉強になりました。Img_27681_2 講師は日経BP総研マーケティング戦略研究所主席研究員で日経ヘルスのプロデューサー、西沢邦浩氏です。
 女性の健康でキーポイントは、運動や睡眠、心の持ち方などいろいろありましたけれど、やっぱり食が一番大事のようです。私も思い当たる節が多くありました。一つ印象に残ったのが、麦ごはん。そこでこれについてちょっとご紹介します。
 健康のために誰もが注意しているのが、高血糖を招かない食事でしょう。高血糖になると糖尿病や、女性では変形性膝関節商や骨粗鬆症を引き起こすといいます。とくに日本人は白人や黒人に比べ、血糖値が上がりやすい食事に弱いのだそうです。そこで食物繊維です。食物繊維が血糖値を下げる、しかもベジタブルファーストで抑えられる、というのは広く知られています。ところが日本人の食物繊維の摂取量は減少しているのだそうです。中でも減っているのか穀物由来の食物繊維で、これは野菜よりも糖尿病のリスクを下げてくれる複合炭水化物なのに、少なくなっているといいます。
 最近、「炭水化物は必要ない」などと言われて、炭水化物を敬遠する人が多いようですけれど、これはやはり間違っているようです。西沢氏は「炭水化物抜きは日本人に合わない」と強調します。西欧人と比較すると、日本人の腸には炭水化物好きな腸内細菌が圧倒的多数存在するのだそうです。ですから炭水化物が不足すると、腸内細菌が乱れて全身に不調が起きると警告します。 
 お薦めの複合炭水化物は、何と大麦!でした。ヨーロッパでは黒パンなど全粒穀物が人気ですが、大麦も日本人の身近にある全粒タイプの穀物なのですね。精麦しても穀粒全体に穀物繊維が含まれていて、水溶性食物繊維量が他に比べて抜群に多いのだそうです。麦ごはんで下腹ぽっこりが解消できるなら、私もやってみなくては、と思ったことでした。
 セミナーではモンゴロイドと西欧人の体質の違いも学びました。日本人は欧米人に比べると内臓脂肪がたまりやすく、痩せていても糖尿病リスクが高い等など。目からウロコの、ためになるお話しが満載のセミナーでした。西沢氏に感謝です。

|

« 2018/19年春夏コットン素材傾向―PV 及びMUより | トップページ | JFW-IFF MAGICセミナー サステイナブルへの変革目指す »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女性の健康セミナー いつまでも光り輝くために麦ごはん!:

« 2018/19年春夏コットン素材傾向―PV 及びMUより | トップページ | JFW-IFF MAGICセミナー サステイナブルへの変革目指す »