« JFW-IFF MAGICセミナー インディテックス(ZARA)は今 | トップページ | JFW-IFF MAGIC エディットゾーン注目したブランド »

2017年10月24日 (火)

JFW-IFF MAGIC  2018春夏レディスの注目ブランド

 東京ビッグサイトで、9月26日から28日、開催されたファッションイベントJFW-IFF MAGICでは、約650社が出展したといいます。
 様々な分野の厳選されたファッション商品が勢揃いするなか、私はレディスウェアを中心に見て回りました。その注目ブランドの2018春夏コレクションをいくつかご紹介します。

アナナ anana
Img_28101jpg  今回初出展したフィオール フィオーレのブランドです。
 トレンドをさりげなく取り入れたシンプルで若々しいデザインで、きめ細かなディテールも、着心地よさそうです。
 女性が素直に着てみたくなるようなワードローブです。
Img_28091jpg  
 緑の植物があふれるブース構成で、プラントハンターで知られる西畠清順氏がプロデュースしたといいます。道理でナチュラル感いっぱいだったのですね。

スター STAR
Img_28151jpg   ブースには、ファッションデザイナーの辻村昭造さんがいらっしゃってびっくり。以前「ショーゾー・ツジムラ(shozo tsujimura)」コレクションを拝見したことがあり、そのときのことを思い出したのです。
Img_28161jpg
 今シーズン、ODM/OEMを手がけるアパレル、スター社は、辻村さんをディレクターに迎えて、「ドレスというONEアイテム」ブランドを提案されていました。
 エレガントで洗練された美しいドレスの数々---、さすが完成度が高い!

ブルーフラッグ+キミノリ モリシタ BLUEFLAG+kiminori morishita
  三陽商会のコートブランドの新ラインが「ブルーフラッグ」です。その第一弾が、ファッションデザイナーの森下公則さんによるカプセルコレクション「ブルーフラッグ+キミノリ モリシタ」で、今回初出展していました。
Img_28441jpg
Img_28421jpg  ブルーフラッグは、「雨の色は青」というネーミングで、1967年にスタートしたレインコートのブランドだったそうです。その後途絶えていたのを外部とのコラボレーションにより復活させたというわけです。
 生地は綿100%のオリジナルで、洗いをかけた独特の風合いです。ゆったりとしたシンプルなシルエットで、袖通しも楽なつくりです。ユニバーサルなデザインと思いました。

|

« JFW-IFF MAGICセミナー インディテックス(ZARA)は今 | トップページ | JFW-IFF MAGIC エディットゾーン注目したブランド »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JFW-IFF MAGIC  2018春夏レディスの注目ブランド:

« JFW-IFF MAGICセミナー インディテックス(ZARA)は今 | トップページ | JFW-IFF MAGIC エディットゾーン注目したブランド »