« 高野口パイル展「ぷわぷわ-13」自社ブランド設立の動き | トップページ | 国際福祉機器展H.C.R.2017⑵ 着るロボットニューモデル »

2017年10月16日 (月)

国際福祉機器展H.C.R.2017 「衣」で注目の商品

 国際福祉機器展H.C.R.2017が、東京ビッグサイトで9月27日~29日開催され、ユニバーサルデザイン(UD)ファッションへの関心もあって見に行ってきました。
 今年は第20回目の記念の年で、様々なイベントが行われ、大盛況のうちに会期を閉じたといいます。出展社は日本を含め15か国1地域から526社(国内447社、海外79社)で、約20,000点の福祉機器が展示され、121,528人の来場者を集めたと発表されています。まさにアジア最大級の規模です。

 とくに「衣」の分野で注目した商品をご紹介しましょう。

メディキュア・バイ・グンゼ Medicure by Gunze
 これは手術の痕が痛む、肌が敏感で弱いといった医療現場の声をくみ取って、開発したインナーだそうです。
F10000171
 F10000161 グンゼが誇る完全無縫製でつくられているインナーで、特殊な接着剤を使用し、生地と生地を接着しています。ほんとうにすばらしい技術で、これなら不快なごろつきもありませんし、「縫い目が肌に当たって痛い」という悩みも解消です。タグもプリントされているので肌によりやさしい感じです。とくにハーフトップで新しく前開きのものを発表していたのもいいですね。誰もが着けやすくなりました。

 実は私もこのハーフトップを購入し愛用しているところです。ほんとうに着け心地がよくて満足しています。
 素材は伸びやすい編地の綿リッチ65%混で、綿とレーヨンが主役なので、刺激が少ない、さらっとやわらかい肌触りです。
 意外なほど安価なのもうれしいです。

ケアファッションの「おしりスルッとパンツ」
 ユニバーサルファッションのケアファッションが今回、大きく打ち出したのが、「おしりスルッとパンツ」です。
 引き上げやすく、ずり落ちない、はきやすいパンツで、医療法人西宮協立リハビリテーション病院と、パンツをはく方の悩みを解決するために共同開発したそうです。
Cid_image001_jpg01d33ea9
20170928_140845_21jpg_4
 ウエストのゴム部分に表裏ともに滑る生地が用いられていて、前脇部の2カ所にずり落ちを防止する、すべり止めが付いています。手の力が弱くても一人でもはきやすいといいます。
 パンツは高齢者にとって必須アイテムです。「こんなのが欲しかった」と思う人はきっと相当多いのではないでしょうか。

濱田産業のゼルボックス補正器から「Tシャツタイプエプロン」
 喉頭がんなどで、口頭摘出の手術部を外部の汚れなどから守るTシャツタイプのエプロンです。F10000521_2 見た目は普通のTシャツと変わりませんので、さりげなく手術部を埃などからカバーすることができるといいます。肩にコンシールファスナーが付いていて、着脱も楽にできるとか。ドイツ製でしなやかな綿100%です。裏側にはポリエステルのフィルターが付いていて、手術部を保護します。汚れたときの手入れも簡単といいます。

F10000531jpg  またネッカチーフタイプのものもあります。スカーフやネクタイのように使えて、Tシャツタイプと同様に裏側にはフィルターが付いています。汚れた外気が気管へ進入するのを防いでくれるといいます。

|

« 高野口パイル展「ぷわぷわ-13」自社ブランド設立の動き | トップページ | 国際福祉機器展H.C.R.2017⑵ 着るロボットニューモデル »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65906021

この記事へのトラックバック一覧です: 国際福祉機器展H.C.R.2017 「衣」で注目の商品:

« 高野口パイル展「ぷわぷわ-13」自社ブランド設立の動き | トップページ | 国際福祉機器展H.C.R.2017⑵ 着るロボットニューモデル »