« 2018春夏まとふ テーマ「かざり」日本の装飾文化を表現 | トップページ | 2018春夏ティート トウキョウ パープルレイクの理想郷 »

2017年10月30日 (月)

2018春夏G.V.G.V. 「ボタニカル マリン」テーマに

 「G.V.G.V. (ジーヴィージーヴィー)」が久々に東京コレクションウィークに帰ってきて、16日、東京・芝の東京プリンスホテルで、2018年春夏コレクションを発表しました。

Img_31801_2 テーマは「ボタニカル マリン」です。

 マリンルックの象徴、セーラー服スタイルにランジェリーの要素を持ち込んだ遊び心のあるファッションが披露されました。
 編み上げコルセットのディテールは、メンズにも採り入れられていて、ちょっとドキッとしました。

 ドット柄やストライプ柄など、マリン調の軽やかな空気感を、洗練されたエレガントなスタイリングに落とし込んだコレクションでした。

Img_32031_3 Img_31901_2 Img_32081jpg

|

« 2018春夏まとふ テーマ「かざり」日本の装飾文化を表現 | トップページ | 2018春夏ティート トウキョウ パープルレイクの理想郷 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65968953

この記事へのトラックバック一覧です: 2018春夏G.V.G.V. 「ボタニカル マリン」テーマに:

« 2018春夏まとふ テーマ「かざり」日本の装飾文化を表現 | トップページ | 2018春夏ティート トウキョウ パープルレイクの理想郷 »