« ロンドンV&A バレンシアガ展 現代性あふれる造形美 | トップページ | 特別展「ダイアナ:彼女のファッションストーリー」 »

2017年9月18日 (月)

ロンドンV&A プライウッド(合板)の展覧会

  ロンドンのヴィクトリア&アルバート(V&A)ミュージアムでは、昨日のこのブログに書いたバレンシアガ展と同じフロアーで、プライウッド(合板)展が開かれていました。
Img_12351
 軽くて強い、デザイン性のある曲面をつくり出せる合板は、現代に欠かせない実用的な材料といいます。ベニヤ板も合板で、普通によく使われていますね。

Img_12391  その歴史は古く、何と古代エジプトにまで遡るそうです。

 右は、誕生した頃の自動車です。合板でつくられていたことがわかりました。
 昔の飛行機も合板製だったといいます。

Img_12501  
 お馴染みのチェアです。
 木なので、よくしなり、様々な形をつくり出しています。初のスタッキングチェアも合板でつくられたといいます。
 自然な和み感が心地よいですね。

 約120もの合板のオブジェを展示している、なかなか見応えのある展覧会でした。会期は11月12日までです。

|

« ロンドンV&A バレンシアガ展 現代性あふれる造形美 | トップページ | 特別展「ダイアナ:彼女のファッションストーリー」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンV&A プライウッド(合板)の展覧会:

« ロンドンV&A バレンシアガ展 現代性あふれる造形美 | トップページ | 特別展「ダイアナ:彼女のファッションストーリー」 »