« 2018春夏「ディウカ」と「インプロセス」二つのブランド展 | トップページ | プルミエ―ル・ヴィジョン・パリ9月展リリースから ⑴ »

2017年9月 6日 (水)

「ソレイユトーキョー」担当者不在の新システム合同展

  「ソレイユトーキョー(SOLEIL TOKYO)」は新進ファッションブランドを集めた合同展です。東京・代官山で8月29日から9月1日、第5回目となる展示会が開催されていました。
 出展したのは32ブランドで、ブランドごとにハンガーラックでウェアを展示、バッグやシューズ、アクセサリーもあります。ユニークなのは出展ブランドの担当者が常駐しなくてもよいシステムになっていることです。出展者にはアドバイザーがバイヤーのコメントを伝え、マーケット進出をサポートします。
 このような仕組みなら、遠く離れていても、また忙しくて出られないデザイナーやアーティストも気軽に参加でき、好評のようです。
Img_08851jpg  
 気になったブランドをほんの一部ですが、ご紹介します。

○ a.saught ア・ソート
Img_08771  デザインは凝っていますが、それをすっきりと控えめに表現しているところが、パンフレットにも記載されているように、「心にくい」感じです。
 30代のセンスのよい女性を意識したタウンウェアです。

○ ARMANDO TAKEDA アルマンド・タケダ
Img_08721jpg メキシコの伝統工芸を組み合わせたエシカルウェア。
 メキシコの多様な民族と一緒に仕事し、彼らの仕事を守る新しい場所を提案しているといいます。アイディアに共感します。

○ halico ハリコ
 Img_08791jpg心地よさそうインナーウェア・ブランドです。
 コットンなど天然素材が中心で、レース使いもエレガント、丁寧なつくりも人気のようです。

 他にも、白いシャツシリーズで注目のshingo kurokawa シンゴクロカワなど、次回展も期待しています。

|

« 2018春夏「ディウカ」と「インプロセス」二つのブランド展 | トップページ | プルミエ―ル・ヴィジョン・パリ9月展リリースから ⑴ »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65739934

この記事へのトラックバック一覧です: 「ソレイユトーキョー」担当者不在の新システム合同展:

« 2018春夏「ディウカ」と「インプロセス」二つのブランド展 | トップページ | プルミエ―ル・ヴィジョン・パリ9月展リリースから ⑴ »