« エマニュエル・ソーニエ展「セロニアス・モンクに捧ぐ」 | トップページ | ロンドンV&A バレンシアガ展 現代性あふれる造形美 »

2017年9月16日 (土)

「コダワリノヌノ2017」展 多重素材を共通テーマに

 今シーズンも「コダワリノヌノ2017」展示商談会が、この9月7-8日、東京・南青山で開催されました。出展したのは10府県11社で、各社独自のこだわりの技を披露しました。
 共通テーマは「多重素材」で、とくに多重織ガーゼは人気が高い様子です。
Img_09421  
Img_09621  ここでの注目は、やはり高橋織物(滋賀県高島市)の綿100%の多重織ガーゼです。
 2重織から12重織までつくっていて、さすがの匠の技!
 ふっくらと軽くて、気持ちのいい風合いに驚かされます。
 空気の層があるっていいですね。

Img_09661 Img_09671  また写真上のシャーリングクレープも一押し素材で、実際引き合いが多いようです。綿99.35/ポリウレタン0.65で、左は生機で、プリント加工すると右のような凹凸感が出てくるのだそうです。

Img_09591jpg  また島田製織(兵庫県西脇市)の播州織先染めチェックやジャカードの提案も注目されます。
 100番手糸使いなど、得意の超極細番手使いで、繊細で滑らかな表現が美しい綿織物です。
 右は同社のファクトリーブランド hatsutokiから、フワッした感じのカットジャカードです。 

Img_09461jpg  デニムでは、ワン・エニー(岡山県岡山市)のキレイ目のデニムが好評のようです。
 右は、光るフィルム入りデニムで、綿97/ポリエステル3。

|

« エマニュエル・ソーニエ展「セロニアス・モンクに捧ぐ」 | トップページ | ロンドンV&A バレンシアガ展 現代性あふれる造形美 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「コダワリノヌノ2017」展 多重素材を共通テーマに:

« エマニュエル・ソーニエ展「セロニアス・モンクに捧ぐ」 | トップページ | ロンドンV&A バレンシアガ展 現代性あふれる造形美 »