« 「龍の口 竹灯籠」アニメ映画のイリュミネーションも | トップページ | 北関東織物の旅 ⑴ 世界遺産 富岡製糸場を訪問して »

2017年8月 9日 (水)

独自の歩みを始めた日本ファッションを考える

 洋装が入ってきて150年です。
Scan0544  西洋の真似だった洋服は和装と混じり合いながら、今では日本的な独自の歩みを始めています。

 日本のファッションも世界的に注目されるようになり、パリのジャパン・エキスポ(このブログ2017.7.22~24参照)などのイベントでもみられるように、人気を集めています。

 そこで (一財)日本綿業振興会発行の機関紙「COTTON PROMOTION コットンプロモーション」(2017夏号のコラム、マーケティング・アイ)に、「日本ファッションの独自性を見直す」と題して、右のような記事を書きました。

 本紙と併せてご覧下さい。

|

« 「龍の口 竹灯籠」アニメ映画のイリュミネーションも | トップページ | 北関東織物の旅 ⑴ 世界遺産 富岡製糸場を訪問して »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65634770

この記事へのトラックバック一覧です: 独自の歩みを始めた日本ファッションを考える:

« 「龍の口 竹灯籠」アニメ映画のイリュミネーションも | トップページ | 北関東織物の旅 ⑴ 世界遺産 富岡製糸場を訪問して »