« セント・マーチンズ学生が初の個展 「祖父の庭」テーマに | トップページ | 「アメリカのファッション産業とライフスタイル」を紐解く »

2017年8月31日 (木)

「第5回ウーマン・オブ・ザ・イヤー」賞に木村文乃さん

Img_07891 東京ビッグサイトで28-30日、開催されたジャパンジュエリー フェア2017で、最終日の昨日、ジュエリー業界が選ぶ「第5回ウーマン・オブ・ザ・イヤー」授賞式が行われました。

 ジュエリーの輝きのように「最も美しく生きている女性」として表彰されたのは、女優の木村文乃さんです。
Img_07851
 シックな黒のロングドレスをまとって登場した木村さんは、ピュアな感じで自然な表情、それがほんとうに美しかったです!  
Img_07931  煌めく着用ジュエリーは、プラチナ950ダイヤ4点セットで、トータル110.01カラット。金額にして何と2億円だそうです。気が遠くなるような超豪華ジュエリーに目が点になりました。

 受賞の感想を問われて、木村さんは「こんなに素晴らしいジュエリーを着けるのは、一生に一度あるかないかのこと。これを励みに、さらに輝き続けたい」。また「高嶺の花と思っていましたけれど、自分に自信をもたらしてくれ、内からもキレイにしてくれるものと思います」と大感激の様子でした。

 また思い出のジュエリーは、「祖母から母に譲られたトルコ石の指輪」だそう。母がしまい込んで使わないことを祖母が咎めてけんかになったことなどを、楽しそうに語られたのも印象的です。

 最後は「最高峰のジュエリーに似合う大人の女性を演じたい」と女優らしく締めくくりました。

|

« セント・マーチンズ学生が初の個展 「祖父の庭」テーマに | トップページ | 「アメリカのファッション産業とライフスタイル」を紐解く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65734467

この記事へのトラックバック一覧です: 「第5回ウーマン・オブ・ザ・イヤー」賞に木村文乃さん:

« セント・マーチンズ学生が初の個展 「祖父の庭」テーマに | トップページ | 「アメリカのファッション産業とライフスタイル」を紐解く »