« ジャパンエキスポ ⑶ ジャパン プロモデルコレクション | トップページ | パリ「モードシティ」 ⑴ クリエイティブとイノベーション »

2017年7月25日 (火)

パリで「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展

 パリで、今月5日から始まった「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展に行ってきました。始まって間もないのに、会場のパリ装飾芸術美術館では30分待ちの行列で、さすがの人気でした。

 クリスチャン・ディオールといえば、戦後のパリのオートクチュール黄金時代をリードしたトップクチュリエです。Img_85301そのデビューコレクションから70周年を記念する大回顧展とあって、スケールは壮大で、館内の両翼すべて(3,000㎡)を使用して行われています。

 正面に飾られていたのは、1947年のデビュー作品、有名な「ニュールック」の「バースーツ」です。女性らしい優雅な曲線を強調する、シンプルな白黒が凛とした美しさで迫ってきます。
Img_86721jpg  
 オートクチュール作品300点以上という膨大なコレクションから、気になったものをご紹介します。写真撮影は自由というのもうれしいです。

Img_85321jpg  まずは美術の愛好家だったクリスチャン・ディオールを偲ぶ美術品のコレクションから入っていきます。
 右真ん中はダリの作品で、異彩を放っていました。頭にフランスパンのティアラを乗せています。

Img_85551  次いで創作の発想源となった美術品をテーマに、ディオールとその後継者たちの作品が展示されます。
 右は「ロマンス」と名付けられたロココ調のセットです。

Img_85481
 「アルルカン」で、ジャンフランコ・フェレのオートクチュール作品、1995年秋冬ものです。

 
 

Img_85781
 「メキシコ」や「ペルー」と題されたクリスチャン・ディオールのドレスです。

 

 


 「ディオール ガーデン」コーナーは圧巻の美しさでした。
Img_85811_2
Img_85971jpg ドレスの魅力を存分に引き出す空間構成が見事です。
 現デザイナーのマリア・グラツィア・キウリの今春夏コレクション「シークレット・ガーデン」の作品も多数見られます。

 続く向かい側の会場は、主にクリスチャン・ディオールの後を継いだ6人のデザイナー、イヴ・サンローラン、マルク・ボアン、ジャンフランコ・フェレ、ジョン・ガリアーノ、ラフ・シモンズ、Img_86121 マリア・グラツィア・キウリの作品展になっています。

 右は、21歳でメゾンの後継者となったイヴ・サンローランです。


Img_86341


 左は、ジョン・ガリアーノです。

 
 

Img_86371





 右は、ラフ・シモンズです。

 
 


 その反対側には、メゾン創設1947年から現在までの代表作をズラリと展示したコーナーが広がっています。
Img_86541Img_86511






 ディオール展は、東京でも3年前に大きな展覧会(このブログ2014.12.2付け参照)が開催されるなど、これまでにも何度も行われてきました。でもこれほど大規模なのは、私も初めてです。そのすばらしさに圧倒されました。

 会期は2018年1月7日(日)までとかなり長期にわたっています。パリに行ったら、ぜひ訪れてみてはいかがでしょう。

|

« ジャパンエキスポ ⑶ ジャパン プロモデルコレクション | トップページ | パリ「モードシティ」 ⑴ クリエイティブとイノベーション »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65577419

この記事へのトラックバック一覧です: パリで「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展:

« ジャパンエキスポ ⑶ ジャパン プロモデルコレクション | トップページ | パリ「モードシティ」 ⑴ クリエイティブとイノベーション »